2010年05月16日

〔普天間〕沖縄県内移設ならば社民党は連立政権から離脱へ

☆社民・福島氏、県内なら閣議了解に応ぜず=普天間移設の基本方針
(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100516-00000036-jij-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/479.html

記者団が「(県内移設は)閣議で了解できないか」と質問したのに対し、福島氏は「その通りだ」と明言。



posted by はなゆー at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福島さん演劇アンブリットみたい!
国民から受けないけどさ
Posted by 介護員 at 2010年05月16日 18:10
ま、当然の対応でしょう。

「ここが正念場」「ここで踏ん張らなくてどうする」

という瑞穂ちゃんの心境がまざまざと感じ取れます。が、不安なのは前にも言いましたが、社民党の党首ではあっても、社民党は福島さんの私物ではないわけです。党内のコンセンサスが最も重要なんですよね。

照屋寛徳さん(衆)とか山内徳信さん(参)、あるいは辻元清美さん(衆)さんあたりまでは大丈夫でしょう。またこの問題に関しては党外に糸数慶子(参)、その他民主党にも「移設」関連の同志は何人かいるわけですよね。

けれども党内のその他の議員はどれだけ認識しているのか、ここがポイントになります。敵(ハトポッポ)も綱渡りですが、福島社民党も綱渡りを強いられている。

そもそも閣議了解を拒否した場合、更迭に追い込まれるのでしょうか。前例があるなら知りたいところです。

私のスタンスを問われるとするなら、
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51406797.html
外国軍基地問題で首相交代、どこの植民地の話? 「入れ子植民地」です(池田香代子ブログ 2010年05月13日00:00)
「官房長官、外務大臣、防衛大臣、沖縄担当大臣のクビをすげ替えてください」

を支持しますが、それに加え、少なくとも次官・審議官・関連部署の局長のクビのすげ替えも要求したいところです。あ、忘れてはいけない、それだけでは足らず佐野忠克秘書官のクビもすげ替えていただきたい。

21日前後にヒラリー・ローダムが来日する予定になっていますが、仮に私がヒラリーなら、グアム移転費用の日本側負担金6000臆を1兆(全額)に積み増しして、テニアン・グアムへの完全移転を認めたいと思うでしょう。

だって、米国には金がなく予算獲得も容易ではない。日本が全額を負担してくれるなら、一挙にすべてが解決することになります。それは例えば桟橋くい打ちの場合、建設費用が1兆5000臆もかかると言われてますから、日本側としても5割引になるではあーりませんか。とはいえ、残念ながら日本のマリコンには一銭も行かないわけですけれども(笑)。

普天間基地「移設」問題のキモは、官僚とマリコンの癒着、あるいは政治家とマリコンの癒着を疑うべきかもしれません。

もし仮に、そのような疑惑があったとしても、社民党としては政権参加している以上、表立って指摘できない。そのあたりに社民党の苦悩を垣間見ることもできそうです。党内の意思一致も容易ではないでしょう。
Posted by Devlin at 2010年05月16日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。