2010年05月26日

高遠菜穂子氏がイラクの「先天性異常」に関するサイトを作製

※ 検索用ワード「奇形」「奇形児」「劣化ウラン弾」「ファルージャ」


【警告】ショッキングな写真がたくさんありますのでお気をつけください。



高遠菜穂子
http://twitter.com/NahokoTakato/statuses/14696606919
とりあえず、できました。ラマディとファルージャの先天性異常に関するサイト。後であちこちからコメントをもらって載せる予定。

         ↓

Ramadi, Fallujah 2010
http://web.mac.com/takana_gohan/iWeb/AfterIraqWar/Introduction.html



高遠菜穂子
http://twitter.com/NahokoTakato/status/14696696238
ショッキングな写真がたくさんありますので、お気をつけください。
イントロダクションの日本語訳はブログにアップしました。

        ↓

http://iraqhope.exblog.jp/13359674/

ファルージャの先天性異常が頻繁に海外メディアで報じられるようになりました。

昨年、ラマディとファルージャを訪ねました。

その時、ラマディの医師たちも同じことを訴えていました。

今年の1月に診療見学のため来日していたラマディの医師たちも必死に訴えていました。

そして、先月ファルージャからやって来た青年もファルージャの小児科医からたくさんの子どもたちの写真を託されて来ました。

水も大地も放射能やダイオキシンに汚染されていると言います。
米軍が使用した劣化ウラン弾や白リン弾の影響が考えられています。
因果関係は特定できなくても、今、現地で起きていることをもっと多くの人に知ってもらわなくてはいけないとずっと思っていました。

ラマディとファルージャの先天性異常に関するサイトを作りました。



高遠菜穂子
http://twitter.com/NahokoTakato/status/14696990615
ファルージャのワセックと一緒に報告会用パワポを作った時、医者から送られてきたたくさんの子どもたちの写真からどれかを選ぶということができなかった。ほんの数分の命もあったろう。その命のどれもが必死に訴えているような気がした。今もメッセージだけを残していく命があるんだろうな。



高遠菜穂子
http://twitter.com/NahokoTakato/status/14699585556
米軍がイラク戦争で使用した劣化ウラン弾は湾岸戦争の時よりもはるかに多く2000トンを超えるとのこと。以前、NYでインタビューしたイラク帰還兵もこのことをしきりに訴えていた。米兵の間でも健康被害が深刻だから。でも、政府は健康には影響ないと言う。


高遠菜穂子
http://twitter.com/NahokoTakato/status/14700646376
’05年イラク写真展inNYでイホネットメンバーから劣化ウラン弾の説明を聞いたアメリカ人「そんなひどい兵器を使うなんてやっぱりテロリストは恐ろしいわ!」「いいえ、そんな兵器を使っているのはあなたの国なんですが…」「そんなはずないわ。アメリカが国際法に違反するなんて!」


高遠菜穂子
http://twitter.com/NahokoTakato/status/14700931539
この方は、「劣化ウラン弾は国際法に違反する」と思っていたんでしょう。でも、まだ禁止になってないんだよね。残念ですが。

posted by はなゆー at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック