この記事へのコメント
自分自身の首相の地位と、国民生活「雇用経済」
心配したら?
Posted by 介護員 at 2010年05月27日 12:03
遂に本性を現しましたね。
「駐留なき安保」「最低でも県外」という言葉は選挙対策・社民党対策のためのマヌーバーだったというわけです。

さらに、こんな動きもあります。

「民主が自立支援法“延命”へ/障害者との合意裏切る/28日にも衆院委で採決狙う 自民と結託」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-05-26/2010052601_01_1.html

これで、民主党が自民党の劣化コピーであることがはっきりしました。
Posted by nekonekoneko at 2010年05月27日 12:44
元々、明治維新前から「天下国家を語るのはお侍」と「よくもソコ迄『自分達は無関係』と町人や農民は呑気で居られるな!」と外国人が言っていた。
それから後の富国強兵もブレーキが全く効かず、事実上暴走した軍部の思考法は「如何遣れば汚職がバレないか?」。
2・26も5・15もソノ前の桜会の行動も全て、血税を使って美味しい思いをする方法の追求であり、阿片売買すらソノ一部と言う有様。
戦後は一貫して「経済成長」に関わることこそ正義で、政治を語るのは一寸危ない青臭い奴に過ぎず、殊に学生運動以降は政治に関わるのは異常な高位と暗に見做された。
「国を守る=日米安保前面肯定&沖縄の負担増」とハッキリ前段に語っているのでない限り、皆さん「忖度の天才」(揶揄含む)。
この短い内容で、如何とでも受け取れるモノを。
しかし第一に、米国軍の代替地を捜すのは日本国の義務では決して無いけどね。
Posted by 田仁 at 2010年05月27日 17:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック