2010年05月31日

新聞記者(朝日を除く)は官房機密費で月1回の頻度で「女を抱いていた」

「野党対策費として旅行の際の餞別に使ったり」

「自民党政権下では、政党や派閥の勉強会にマスコミの人を呼んで講演料やお車代として機密費が最近まで使われていた可能性は大いにあります」


☆わたしはこれで記者を堕落させた 「機密費」で接待、「女」も用意 平野貞夫・元参院議員に聞く (J- CASTニュース)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000000-jct-soci

http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/655.html

担当記者を連れて、赤坂や銀座の料亭へ行ってクラブへ行って……ランクは中級でしたがね。それから記者たちはこちらが用意した「女」とホテルに泊まってました。私は途中で抜けるのですが、園田さんから「ちゃんと最後まで接待せんか」と怒られたこともあります。その費用をこちらが持ち、1度に 20〜30万円、月に1回程度といった感じでやっていました。



【送料無料】 DVD/邦画/後から前から (畑中葉子)/BBBN-2005 [6/25発売]



posted by はなゆー at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男性好きな記者の場わいは?
Posted by 介護員 at 2010年05月31日 15:09
自称「機密費貰ってない」田原総一郎さんの場合は、電通の「青の会」主催者として、電通経由で貰ってた訳ですが、機密費で女性は抱いてない朝日新聞記者の場合だと、何か他の方法が…?
Posted by 田仁 at 2010年05月31日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。