2010年06月05日

〔普天間・辺野古〕菅内閣は「沖縄問題なんかどうでもよいシフト」を採用

はたともこ(民主党)
http://twitter.com/hatatomoko/statuses/15473052899
普天間関係5閣僚。沖縄県民の期待を裏切り国民の不信を招き、総理と官房長官は辞職した。総理の意思に背き、国外・県外移設に不作為だった外務・防衛・沖縄担当の3大臣の責任はどうなるのか。このまま留任なら、沖縄県民、鹿児島県民、そして国民への強烈な負のメッセージとなる。


きっこ(ジャコビニ流星打法)
http://twitter.com/kikko_no_blog/statuses/15401935067
普天間問題をこじれさせたのは岡田、北澤、平野、前原の4人が好き勝手なこと言いまくってたのが原因なんだから、この4人は鳩山さんと同罪。この4人を閣僚から外さなければ菅内閣は何も反省していないことになる。


きっこ(ジャコビニ流星打法)
http://twitter.com/kikko_no_blog/statuses/15401719307
えっ?沖縄の問題で失敗して代表が代わったのに、失敗の原因の1人の北澤を防衛相を留任させんの?これがホントなら反省の「ハ」の字もない組閣じゃん!


        ↓

☆岡田氏ら11閣僚再任内定 蓮舫氏ら起用も (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000549-san-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo87/msg/781.html

主要閣僚ポストのうち、岡田克也外相、長妻昭厚生労働相、北沢俊美防衛相、亀井静香金融・郵政改革担当相の再任が決定。原口一博総務相、千葉景子法相、川端達夫文部科学相、直嶋正行経済産業相、前原誠司国土交通相、小沢鋭仁環境相、中井洽国家公安委員長ら鳩山内閣の閣僚のうち11閣僚の再任が内定した。

交代するのは平野博文官房長官と赤松広隆農水相の2人に留まる方向。



★「沖縄県民以外にとって、普天間・辺野古問題は、対岸の火事であって、どうでもよい問題である」との本土人のホンネを見抜いた老獪な布陣。

posted by はなゆー at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック