2010年06月11日

警鐘乱打「消費税率の引き上げを主張する民主党に騙されるな」

Chapa@Free Gaia
http://twitter.com/kamitori/status/15904983680
日本の企業は保険料をあまり払わないのがよくわかるでしょう。
ヨーロッパはたしかに消費税は日本より高いですが、企業が負担する保険料も高額を支払っているのです。消費税より高率の負担


Chapa@Free Gaia
http://twitter.com/kamitori/status/15905172271
消費税の総収入は224兆円に達しましたが、同じ時期に企業の納める法人税は累計で208兆円減りました。消費税は企業減税の穴埋めに当てられてしまい、社会保障に回せる余地がなかった


Chapa@Free Gaia
http://twitter.com/kamitori/status/15905708231
高額所得者に対する所得税などの税率(最高税率)も日本のほうが低くなっています=優遇。株式の配当や売却益に対する税率は、日本では地方税を含めても10%ですが、アメリカでは国税だけで15%、地方税を含めると25%以上です


           ↓

☆消費税増税が自民・民主のマニフェストに!だまされるな!
(シャロンの薔薇)

http://blogs.yahoo.co.jp/exjwq9/33316951.html

http://www.asyura2.com/10/hasan68/msg/586.html

これは何度も言われていることなのですが、
「消費税が導入されて以来の22年間で、消費税の総収入は224兆円に達しましたが、同じ時期に企業の納める法人三税 (国税の法人税、地方税の法人事業税、法人住民税) の収入は累計で208兆円減りました。消費税は企業負担の税金減税の穴埋めに当てられてしまい、社会保障に回せる余地がなかったのです」
(「学習の友」2010年6月号より)。

消費税は所得が低い人ほど、負担が重くなる仕組みの税制です。所得に対する負担率を考えてみますと、わたしひとりの年間総収入(所得税・住民税、健康保険料など考えない)で370万、消費税が5パーセントなら、370÷1.05=352万円が実際に使える額です。

では消費税が10パーセントになるとどうでしょう。370÷1.1=336万円です。16万円暮らしが苦しくなります。

(略)

こんな、上層部階級以外は死んでくれてもいい、といわんばかりの不公正税制でいいんですか。

マスコミはすでに、「消費税増税はしかたがない」調の話しぶりをはじめています。世論形成の宣伝工作が始まっているのです。TVニュースで、街頭インタビューではみんな「しかたがないのかな」、「自分たちもできることがあるのかも」なんていう映像ばかりが流される、あるいは増税反対のインタビューでは、最初に話し下手なおじさんの映像であるのに対し、最後にファッショナブルな若者、好感の持てる青年ビジネスマンのさっそうとした、はきはきと「増税もやむをえない」と話す映像が流されたりすると、自然と後者の映像に説得されてしまう、というあいまいな感覚というのがわたしたち人間には備わっています。



☆ウィキペディア「プロパガンダ」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80

バンドワゴン ―
その事柄が世の中の権勢であるように宣伝する。人間は本能的に集団から疎外される事を恐れる性質があり、自らの主張が世の中の権勢であると錯覚させる事で引きつける事が出来る。(衆人に訴える論証)


(略)

ニュース番組や討論番組などで特定の団体の構成者やその支持者を多く出演させ世論の支持が大きいように見せる。

政策等で政策上の争点を限定し、世論を誘導する。




☆ウィキペディア「情報操作」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%93%8D%E4%BD%9C

社会的同意
社会全体が報道の中の意見に同意しているような印象を与える。逆の手法(社会全体がその意見に不同意)は、社会的不同意。


予告打撃
世論の否定的反応を引き起こす政策を採る際、情報を事前にリークし、決定採択時までに世論の関心を低下させる。



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



《関連記事》


☆〔消費税〕必要な歳出も削減すれば国民の側が増税を望むようになる
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/339.html


歳出削減をどんどん切り詰めていけば、やめてほしいという声が出てくる。増税をしてもいいから必要な施策をやってくれという状況になってくるまで、歳出を徹底的にカットしないといけない。

(略)

歳出削減を徹底していくと、もう増税の方がいいという議論になってくる。

ヨーロッパを見ると消費税は10%以上、ドイツは19%、与野党が反対、反対と言っていたのが一緒になった。みんな10%以上である。野党が提案するようになっている。

情勢を見ながら、歳出削減をどんどんやっていくとどういう状況になっていくか。

posted by はなゆー at 17:33| Comment(1) | TrackBack(1) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
取り敢えず消費税を累進課税化して、千円以下の商品は0%で!
一億円は100%でも良いです。
Posted by 田仁 at 2010年06月11日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

今度の選挙の名前は「対米独立戦挙」!
Excerpt: 参議院選挙にメディアはいろんな名前を付けるでしょうが,おそらくそれは普天間と沖縄を視野から遠ざけるようなものになる恐れがあります.民衆の側のトップ・イシューはやはり沖縄でなければいけません.すなわち「..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2010-06-11 18:57