2010年06月14日

〔普天間・辺野古〕沖縄県民以外のホンネを見抜けなかった社民党

337 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/06/14(月) 01:13:31.46 ID:DtJTapJQ [3/4]

国民全体が国外移設を訴え、反米感情が高まれば、アメリカも考えざるを得なかった。
しかし、実際はそうじゃなかった。
本土の人間は傍観していた。
自分のところにさえ来なければどうでもいいと思っていた。
これではアメリカが強気になるのは当然だな。



反米嫌日戦線・死ぬのはやつらだ(民主党支持者。アンチ社民共産)
http://twitter.com/yaturada/status/15694740846
フォーラム神保町のシンポジウムで、社民党はゴミだと話していたら、前に座っていたオジサンに「ゴミで悪かったな」と凄まれたw


岸正幸(兵庫県西宮市)
http://twitter.com/MasayukiKishi/status/16101845727
社民党の今回の政権離脱の気持ちは解らいでもないが、与党としての責務に欠けた行為であるのは間違いない。



赤木智弘(フリーライター)
http://twitter.com/T_akagi

多くの国民は、迷走を非難したのであって、基地を排除できなかったことを問題にしてるんじゃないんですよ。つまり、菅政権は、普天間問題をスルーすればいいだけのことです。保坂さんも、そろそろ現実を見てくださいよ! 国民は基地問題を望んでないんですよ!

自分がちょっとした現実を直視しながら、少しばかりの反省をしているときに、保坂展人が脳天気なポストをしているので、むかついた。

菅政権は、自民党の普天間案を受け入れてしまえ。そして社民党が何をしたのか、自覚させろ!

「沖縄県民は国民じゃないのか!」とか「沖縄に今まで以上の苦しみ」云々と書いている人がいるが、多数決は「基地は沖縄に押し付けておけ」であることは明らかだし、自民党案なら「これまで通り」の苦しみだ。そして、その苦しみを確定付けたのは、俺じゃなくて社民党。批判の方向を間違えている。

いいですよ。俺を批難する事で基地問題が解決するなら批難していただければ。けれども基地問題解決のために重要だったは問題解決に奔走した鳩山を支えることだったんじゃないの?力及ばずそれが出来なかった揚げ句、鳩山を背中から撃ったのは、いったい誰なのか。以上、すべて過去形です。

お題目さえ唱えていれば、米軍基地も追い出せるし平和も達成できると思っている人たちじゃないですかね。

損得で判断するなら、なおさら普天間は合意案ですね

若者を見殺しにする国

若者を見殺しにする国

価格:1,575円(税込、送料別)



ラベル:赤木智弘
posted by はなゆー at 07:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本土人が基地問題を望んでいないのならば、望むようになるまで、熱湯に浸けられる事になるだろう。秋の民主党代表選挙で小沢一郎が復権する事に期待したいけど、そこで転べば、この先10年の日本人の命運が決まる。
相当「苦い薬」が日本人に処方されると言う事だろう。
Posted by 舛添が民主党にすり寄る at 2010年06月14日 08:59
社民党の政権離脱はダメージを最小にする賢明な選択だったと思います。
政権に残っていたらコアな支持者も離れ、参院選では当選者ゼロで党首も落選、空中分解するところでした。
未だに「政権に残るべきだった」などと言っている人がいますが、余程の馬鹿か、悪意あるプロパガンダでしょう。

現状では、どのようにしても社民党や共産党が大幅に支持率を上げることは無理です。
国民の多くは未だに新自由主義にかぶれていて、構造改革を進めれば未来はバラ色だと思っている人が多いのです。マスコミ人やオピニオンリーダーと言われる人は新自由主義者が多いので、国民はマインドコントロールされているのでしょう。
しばらくは新自由主義政権が続き、状況はさらに悪くなっていくでしょう。
さらに酷い状況になり、国民が「新自由主義ではダメだ」と気づくまでは、社民党や共産党の出番はないでしょう。
社民党と共産党はその日に備え、勢力を温存し、政権を担う準備を進めるべきでしょう。
Posted by nekonekoneko at 2010年06月14日 09:35
「戦争ものゲームで荒稼ぎが夢と希望」と言うニート・フリーター世代の底辺生活を剽窃した「希望は戦争」論者の後ろには、キッチリ靖国原理主義カルトのヤクザや日本会議が控えてんですよ!
そりゃ、スポンサーの望む事しか言わないよ!当然。
肉屋を愛する豚達。
捌かれて肉の欠片になってから後悔しても、時既に遅いんですよ…。
Posted by 田仁 at 2010年06月14日 18:18
 社民党は残留して、派遣法や郵政改革法や公務員改革法を通すべきだった。それこそ社民党の成果になる法案だった。しかし、社民党は、沖縄基地問題だけにメンツをもとめて、離脱した。
 世間的な社民党のメンツを守るために格差に苦しむ労働者を捨てた。党利党略だった。
 でもおかげ民主党は良い方向に向かっているから、もしかすると3党連携による演出だったのかも。代表選が終われば連立政権に復帰するのかも?
そうだとすれば福島さんもすごい演技。
Posted by こーちゃん at 2010年06月15日 03:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。