2010年06月14日

消費税率は「最終的に15〜20%に引き上げられる」と予言しておく

☆社民離脱で追いつめられた鳩山 (6月10日の「文藝春秋」)

http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20100610-02-0701.html

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak39/msg/521.html

厳密に言えば、菅の爆弾発言を予見した人物が三人いた。仙谷、細野、玄葉だ。参院選マニフェスト作りの責任者でもある三人は十日夜、都内のホテルで菅を交えて財源論について意見交換した。
 
ここで菅は「来年度からでも消費税を上げればいい。そうしなければダメなんだ」と言ってのけた。さすがに「それでは衆院選のマニフェスト違反になる」という声が続いたが、菅は悪びれず「マニフェスト違反なんて、他にいくつもあるだろう」と譲らなかった。財務相として、財政面で責任ある立場を強調して「ポスト鳩山」の旗を立てようという野心もにじんでいた。




☆「日本は消費税引き上げ必要」IMFが声明
(5月19日の読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100519-OYT1T01336.htm

http://www.asyura2.com/10/lunchbreak39/msg/520.html

国際通貨基金(IMF)は19日、日本経済に関する定例の報告書を今夏にまとめるための調査を終え、声明を発表した。

声明では「日本の公的債務は前例のないレベルに膨らんだ。2011年度に財政再建を開始し、消費税を徐々に引き上げていく必要がある」と、財政健全化の必要性を強調した。

同日、都内で記者会見したIMFアジア太平洋局シニア・アドバイザーのジェームズ・ゴードン氏は「財政問題への対応は非常に緊急性が高まっている」と強調した。政策を行う財源を税収など本来の収入で賄えているかを示す指標である基礎的財政収支(プライマリーバランス)を10年間で黒字化するには、消費税率を15%に上げる必要が出てくる可能性もあると指摘した。





105 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]
投稿日:2010/06/13(日) 03:33:01 ID:UgcxPdrt [1/2]

IMFから日本への干渉については、2002年ですでに「ネバダレポート」という資料を通じて挙がっていた。第154回国会予算委員会で、民主党の五十嵐文彦議員が当時の柳澤金融担当大臣、塩川財務大臣、竹中財政担当大臣にこの資料を紹介している。IMF管理下に入ったら、これくらいすさまじいことになるぞ、という一種の脅しみたいな内容になっている。


http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/154/0018/15402140018010a.html

五十嵐委員 

私のところに一つレポートがございます。ネバダ・レポートというものです。

これは、アメリカのIMFに近い筋の専門家がまとめているものなんですけれども、この中にどういうことが書いてあるか。

(中略)

つまり、バランスバジェット、収支均衡というのが極めてIMFでは重視されるんだということを言っておりまして、もしIMF管理下に日本が入ったとすれば、八項目のプログラムが実行されるだろうということを述べているのであります。

手元にありますが、その八項目というのは大変ショッキングであります。

公務員の総数、給料は三〇%以上カット、及びボーナスは例外なくすべてカット。二、公務員の退職金は一切認めない、一〇〇%カット。年金は一律三〇%カット。国債の利払いは五年から十年間停止。消費税を二〇%に引き上げる。課税最低限を引き下げ、年収百万円以上から徴税を行う。資産税を導入し、不動産に対しては公示価格の五%を課税。債券、社債については五から一五%の課税。それから、預金については一律ペイオフを実施し、第二段階として、預金を三〇%から四〇%カットする。大変厳しい見方がなされている。

Tism壺屋 壺屋壷亭金沢カレーセット

Tism壺屋 壺屋壷亭金沢カレーセット

価格:3,360円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 08:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文藝逡巡が主導する世界は、在日米国軍に依る日本再占領。
当然、消費税20%や竹中平蔵の持論「人頭税」で、日本は江戸前期の国力迄追い詰められるさぁ。
代わりに米国人が良い目を見られるかと言うとソウでも無く、飽く迄も一握りの米国富裕層が(富んだ侭)生き延びれるだけだけどね…。
無論、日本人はもっと自殺する!
Posted by 田仁 at 2010年06月14日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック