2010年06月17日

原発の地元の無所属地方議員に電力会社が「当選祝い金」を支出か

渡瀬義孝
http://twitter.com/yoshitaka_w/status/16354210711

浜岡原発を考える会・伊藤実さん講演(3)
「選挙で当選すると、無所属の人には中部電力が500万から800万くらいの当選祝い金を出しているらしいんですよ。当選祝い金を貰うと何も言えなくなる。噂では聞いてけど、実際あるんですよね」


           ↓

http://ihope.jp/2009/08/21090247.html

 96年は行政、中電が相当な攻勢をかけて、議会も混乱したみたいです。議員なんか全然ダメですからね。

 95年に町議会の選挙があって、私の先輩が原発反対だから応援してくれって言ってきたもんですから、私は選挙の幹事長になってなんとか当選させようと頑張ったら当選したんです。

 そうしたら、その議員、二ヶ月経ったら「原発賛成だ」って言うんですよ。公約違反じゃないかと色々言ったんだけど・・・

 分かったのは選挙で当選すると、無所属の人には中部電力が500万から800万くらいの当選祝い金を出しているらしいんですよ。当選祝い金を貰うと何も言えなくなる。噂では聞いてけど、実際あるんですよね。

 それで私たちは町会議員を引退した人にその事を尋ねたら、「俺の時は500万だったけど、今は1000万くらいじゃないの」とか軽々しく言う訳です。こういう贈収賄になるんですね。

 町の有力者とかPTAの会長にまで金品が来るんです。私が中学のPTAの副会長やったときもお歳暮だとか色々くるんですよ。「私は原発反対だから中部電力から貰ういわれは無い」といったら、それから来なくなりましたけども。

 そういう風に、金で黙らせるってやり方をずっとやられたもんだから、議会も選挙の時は、「原発の安全確保には苦言を呈する」とか上手いこと言うんですが、一回当選しちゃうと中電の下僕になっちゃって、全然住民の意思と裏腹な事をやってるんですよ。これは浜岡だけの問題じゃないらしいんですけども。




posted by はなゆー at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。