2010年06月19日

〔デスマッチ〕阿久根市長が市議報酬を「日当制」に切り替え

☆市議に日当制、「年収」40万…阿久根市長また専決
(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100619-00000195-yom-pol

http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/393.html

ボーナスもなくなるため、市議の年収は40万円程度になるとみられる。

独裁者“ブログ市長”の革命

独裁者“ブログ市長”の革命

価格:1,575円(税込、送料別)

ラベル:竹原信一
posted by はなゆー at 09:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、表面的には議員報酬の日当制は良い事だと思うけど、この市長自身が、自衛隊出身の「右派」ですからね。
杉並区長の山田 宏と同類。

本当に、日本の未来を変えて行くには社民党や民主党左派が、こういった強権を持って臨まなければ。

ついでに言えば、原発や空港などの建設反対派の市民を、機動隊を投入して排除して来たのに「その逆」は有り得ない訳?
八ッ場ダムも、建設中止の方針に従わないのならば、機動隊を出して止めさせるべきだ。
Posted by a at 2010年06月19日 10:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック