2010年06月22日

下地幹郎議員が農地法違反ホテルの税の減免を照会 

☆農地法違反ホテル 下地議員が税の減免照会 県の決定覆る
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100622-00000006-mai-soci

http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/103.html


ホテルの敷地の名義は77年に死亡した農業男性のままだが、下地氏の兄が社長を務める「大米(だいよね)建設」(那覇市、当時は「宮古交通」)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-20958-storytopic-4.html

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152465-storytopic-4.html

が83年、農業男性から譲渡を受けたとして農地の転用届を県に提出。県がこれを認めなかったにもかかわらず、同社はアスファルト工場を建設した。




《おまけ〜大米建設と沖縄防衛局》

632 名前:名無しさん@3周年[]
投稿日:2010/03/14(日) 09:29:42 ID:Tsiw73uL

阿久根市長は小泉の縮小版とも言えますね。
彼は土建屋出身で、自分の利権のために土建予算を40%も上げた。
自分と親しい者をコネ採用して要職に就けた。



678 名前:笑顔箱 ◆G4lBM000kk []
投稿日:2010/03/15(月) 06:34:36 ID:pPQDs65F

土建屋出身といえば国民新党下地幹郎議員の父親は沖縄県では屈指の大米建設の会長、社長は兄、自身も議員になる前は副社長だった。
その大米建設は2007、2008年の2年間で沖縄防衛局から約18.4億円を受注している。

5億5545万円 落札率89.72% ハンセン(20)訓練施設新設土木その他工事

8347.5 万円 落札率80.60% ハンセン(20)防火施設(643)新設舗装工事

1億1025万円 落札率98.10% 宮古島分屯基地(20)局舎新設建築その他工事

3億9270万円 落札率84.65% シュワブ(H20)立体駐車場等新設建築工事

4 億2735万円 落札率84.08% シュワブ(H19)工場(その1)新設建築工事

2億6985万円 落札率86.65% シュワブ(H19)工場(その2)新設建築工事

http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kouzi/naha/2007kekka/kouji/naha_re_k.html

http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kouzi/naha/2008kekka/kouji/naha_re_k.html

沖縄選出議員でありながら、県民の民意とかけ離れた陸上移設案を主張する議員の背景がこれでは利益誘導と疑われかねない。

過去には守谷防衛事務次官をゴルフ接待したそうで、これも利益誘導と疑われかねない行動。

日本国の正体

日本国の正体

価格:1,365円(税込、送料別)


posted by はなゆー at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック