2010年06月30日

クーデター後のホンジュラスと日本の不気味な相似点

☆ホンジュラス・クーデター 一周年 (マスコミに載らない海外記事)

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-551a.html 

昨年エクアドルのマンタ空軍基地を追い出されて以来、ホンジュラスのパルメロラ基地の利用が拒否されるであろうという見込みは、ペンタゴンにとって、戦略的に受け入れられないものだった。

(略)

ロボ政府は、2月に破産を宣言し、逆累進税の引き上げと、政府支出の20パーセント一括引き下げを含む、一連の過酷な緊縮政策に取りかかった。まったくこうした削減に会わないのが、ホンジュラス軍で、予算は増加した。

(略)

既に西半球でも最も貧しかった、ホンジュラス労働者の生活条件は、悪化するばかりだ。

(略)

失業は、雇用主と政府が賃金引き下げを迫り、労働法の大規模な廃止を促進するための、労働者階級に対する破壊用の槌として利用されている。





《おまけ〜自民党は「解雇規制の緩和」を公約している》

☆マニフェストにようやく登場した「解雇規制の緩和」
(J-CAST会社ウォッチ)

http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/23069426.html

それと、もう一つ重要な変化があった。自民党が
「解雇規制の緩和」
と明記したことだ。このことは、少なくとも自民党という前与党がマニフェストに取り入れるほど、労働市場の流動化論が力を得ているという事実を示している。

ただ少し残念なのは、なんだか後ろの方に、こそっと混ぜているように見えること。もっと堂々と前に出していくといい。

「労働者の生活を守れ!」といって包囲網作ってバッシングされるのを警戒しているのかもしれないが、心配はいらない。他にも流動化を支持する味方はいる。

まず、みんなの党が代表だ。マニフェストこそ
「正規雇用と非正規雇用の流動化」
と、ぼかした表現を用いているが、以前から労働市場の流動化にはたびたび言及している。良き理解者になってくれるだろう。




城繁幸
http://twitter.com/joshigeyuki/status/16583243956
ふと、自民党のマニフェストに「解雇規制の緩和」が明記されていることに気づく。やっとここまで来たか。でも、野党になって真剣に考えた結果なのか、言いたい放題言えるようになった結果なのかが気になる。



☆自民党のマニフェスト
(注:PDFファイル)
http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/22_sensan/pdf/j_file2010.pdf
の32「雇用力強化労働法制の充実」

            ↓

一方、派遣切りなど、解雇が行われた歳(原文ママ)、全ての責任を企業に負わせることも問題であり、政府と企業が一体となった労働環境を整備しなければなりません。
特に、「解雇規制」を緩和すると同時に、企業における「柔軟な経営」を行える環境を整備するなど、企業の持続による「雇用の安定」につなげます。

ロスジェネはこう生きてきた

ロスジェネはこう生きてきた

価格:756円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばかこくでね〜


悔悟労働界隈では

雇用の流動なんざ今に始まったこっちやない


同じ地域の施設ぐるぐる回る若者達!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ルーレット族

良い界隈労働現場求め
Posted by 悔悟員 at 2010年06月30日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。