2010年06月30日

タリバンが民族運動の域を脱し「政治的イスラム運動」にパワーアップ

474 名前:名無しさん@お腹いっぱい。
投稿日:2010/06/30(水) 16:30:23

アフガン・アナリスト・ネットワーク(ANN)は29日火曜日に
ひとつのレポートを発表した。ドイツ人専門家Thomas Ruttingは
以下のように話した。

・タリバンは伝統的な支持母体地域(南部〜南東部)ではない領域に
 影響力を広げている。

・非パシュトゥン民族集団の住む、過去にタリバンがほとんど人員募集をしていなかった地域からの加入が増えている。

・この傾向はドイツ軍が基地を置いている北東部のクンドゥズ州で
 特に顕著に見られる。

・国際社会はタリバンの本質について理解が欠けている。

・タリバンはもはやパシュトゥン部族の運動ではなく、民族性に
 とらわれない政治的イスラム運動になろうとしている。

・タリバンに加わるタジク人、ウズベク人(民兵)司令官が
 ますます増えている。

・タリバンは北東部で足がかりを得つつあり、また、中央部でも
 足がかりを築こうと試みている兆候がある。


          ↓

Taliban extend sphere of influence, says expert

http://sify.com/news/taliban-extend-sphere-of-influence-says-expert-news-international-kg3mkegeieh.html

Afghanistan's Taliban militants are expanding their influence further into regions outside their traditional power base, the Afghanistan Analysts Network (AAN) said.

'Their intake from non-Pashtun ethnic groups is growing, from where the Taliban hardly recruited in the past,' AAN co-director Thomas Ruttig said.



posted by はなゆー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。