2010年07月02日

明後日から日本と北朝鮮の戦争が(法的には)解禁される

参院選直前に北朝鮮の船と日本側との間で小規模な交戦があれば、日本のナショナリズムは極度に高揚するので、参院選は与党・民主党が圧勝する(メッタ打ち。ワンサイドゲーム)ことになるであろう。

       ↓

☆北朝鮮の貨物検査 海上で訓練 (NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100702/t10015501151000.html

http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/254.html

北朝鮮に出入りする船舶の貨物検査を公海上でも行えるようにする特別措置法が4日から施行されるのを前に、2日、北九州市沖で貨物船を検査する訓練が行われました。

この特別措置法は、去年5月の北朝鮮の核実験に伴う国連の安保理決議を受け、核やミサイル関連物資などを積載した疑いのある北朝鮮に出入りする船舶に対し、海上保安庁と税関が主体となって貨物検査を行うためのものです。



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


宇宙人ぶー
http://twitter.com/Bu_uuu/status/17168630675
今春国会で強行採決した臨検措置法は非常に危険な法案で、憲法改正することなく国連安保理決議1874に従い、自衛隊が公海上で臨検や拿捕、抵抗された場合には交戦までできる環境を整えています


宇宙人ぶー
http://twitter.com/Bu_uuu/status/17168797057
戦争に巻き込まれることができるわけですw


宇宙人ぶー
http://twitter.com/Bu_uuu/statuses/17172291537
臨検特措法審議にあたって、前原は「一義的に仕事をするのは海上保安庁だが、万が一、激しい抵抗にあった場合、自衛隊に海上警備行動を発令するという判断は否定していない」とのべたそうな。臨検特措法は自衛隊法との連動を前提として制定されたのでは


宇宙人ぶー
http://twitter.com/Bu_uuu/status/17133503726
日本政府は、世界で一番高額な一機150億円の戦闘機を50機購入する計画、総額一兆円・・・ 消費税の増税はこのためか?


宇宙人ぶー
http://twitter.com/Bu_uuu/statuses/17173479359
ヘナチョコ菅内閣は民自公の大連立による大政翼賛的な戦時内閣になるべく準備されていたのではないかと思われ・・・


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


☆次期戦闘機の予算計上へ 来年度防衛費、数機分
(6月26日の東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010062602000063.html

http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/223.html

次期戦闘機(FX)の選定作業を進めている防衛省は、来年度の防衛費にFX数機の購入費を盛り込む方向で最終調整に入った。総額一兆円近い「巨大航空商戦」の入り口となる機種選定には、米政府の意向や防衛産業の思惑が複雑に絡む。

(略)

どの機種を選んでも、世界一高価とされた準国産のF2戦闘機(約百二十億円)を上回る一機百五十億円前後の超高額機となる見通し。数年かけて二個飛行隊分(約五十機)を導入する。年末の予算案決定までに機種が決まらない場合、予算枠だけ確保して機種決定を先送りする手法も検討されている。

過去の戦闘機選びは、米国からの購入圧力とこれに反発する航空自衛隊、防衛産業との対立が問題になった。首相を議長とする安全保障会議で機種決定するが、今回も高度な政治判断が求められるのは必至。



posted by はなゆー at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。