2010年07月04日

社民党は「多忙な人」向けの広報戦略を再構築する必要がある

☆参院選サンデー 衆院選はどこへ投票?今回は? (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100704-00000538-san-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/775.html

「どの党もどの政策を優先したいのか、マニフェスト(政権公約)をネットで読んでも難しくてよく分からない。候補者名を書かずに白紙投票するかもしれない。仕事が忙しいので政見放送を見る暇もない。そういう人のために政策を分かりやすく把握できるようにしてほしい」



★具体的には党ホームページのトップページに「党の公約を1、2分間程度でごく大雑把に説明するユーチューブ動画」をエンベッド(埋め込み)すると良いと思う。

★なお「小泉進次郎衆院議員がイケメンだから(自民党に投票する)」「もう誰がなっても同じなので、顔と年齢で選んだ方がマシ」という有権者層に支持してもらえそうな「若さと容姿で勝負するタイプの候補者」も1人2人は必要であると思われる。



posted by はなゆー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。