2010年07月05日

〔消費税増税〕菅首相が奇怪な演説「私が財務省を洗脳している」

☆菅首相、初の党首討論で質問攻撃 “責任転嫁”も返り討ち
(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000053-san-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/831.html

4日午後に名古屋市内で行った街頭演説ではこう力を込めた。

「渡辺喜美さんは民主党がいつの間にか官僚に取り込まれたと言ってますが、違うんですよ。私が財務省を洗脳しているんだ。ぜひ渡辺さんの口車に乗らないでください!」



ラベル:菅直人
posted by はなゆー at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菅直人も「ルーピー」のようですね。
Posted by nekonekoneko at 2010年07月06日 01:09
ルーピー発言はキャンベルの失言であり、お詫び行脚に来た外交上の米国の明らかな失策であるが、対米追従著しいサンケイやネット右翼は金科玉条の様に有難がった。
流石は「肉屋を愛する豚達」である。
昨今に見られる共産党の迷走振りはもしや、共産党がネット右翼に洗脳されたから?!
何と陰惨な。
ちなみに、行政の長たる首相が財務省に命令したり、飲み込みが悪ければ幹部を(挿げ替えれる法案に新次郎が抵抗しやがったので)「洗脳」して何が悪かろう。
まあ、結果は未定だが。
Posted by 田仁 at 2010年07月06日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。