2010年07月07日

大学奨学金ほしさに米軍に入隊する太平洋諸国の青年たち

☆戦死した息子は米軍に志願した
(2004年11月10日の東京新聞・特報)

http://www.asyura.com/0411/war62/msg/865.html

「採用後、半年の訓練で配属されるが、通常四年間勤務すれば、後は希望する期間、奨学金を受けて大学に行ける。勤務状態にもよるが、ソーラム軍曹は月二千ドル以上もらっていただろう。最近米国では都市部を中心に入隊を嫌う人たちが増え、連邦やパラオ、マーシャル諸島など太平洋諸国の若者への期待は、ますます高まっている」



《おまけ》

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2259204.html

Q:ベトナム戦争中に、黒人や貧困人が多く兵隊にかり出されたのは何故ですか?


A:当時は徴兵制でした。ですから、白人黒人問わずアメリカ国民はみな兵隊にとられました。
しかし誰だって死にたくありません。白人、特に裕福な白人の息子はイギリスや西ドイツの駐屯部隊に派遣されたりして最前線に送られないようにされました。

一方、黒人や貧困層(といっても黒人が多いのですが)は危険な最前線に送られる可能性は決して低くはなかったようです。また、現在でもアメリカでは兵役につくと移民に市民権が与えられますが、市民権を得ようと兵役についた移民の多くも最前線に送られました。まあ、アメリカ人の立場からすれば「よそから来て俺たちと同じ権利をもらいたいなら嫌がる仕事くらい、やれ」というところでしょう。当時アメリカの占領下にあった沖縄の青年の多くがアメリカへの移民を望み、そのために兵役につきました。もちろん戦死者も出ています。

この時代、兵役にまつわる話で有名なのがエルビス・プレスリーとモハメド・アリ(カシアス・クレイ)です。超人気歌手で白人だったプレスリーは兵役につきましたが国内勤務でした。もし彼が危険な任務についたら多くのアメリカ娘がぶったおれてしまいます。

一方、黒人でしかも黒人差別撤廃を求める政治的発言をしていたアリは保守的な白人から憎まれていたので(いやがらせで)ベトナムの最前線に送られる可能性はとても高かったのです。ですから、アリは兵役につくことを拒否してベルトを剥奪されてしまいました。

現在の米軍は志願制ですが、兵役につく代わりに奨学金がもらえる制度があります。現在、この奨学金の利用者が多くイラクやアフガニスタンに派遣されています。奨学金を求める人はやはり貧困層が多いのです。また、イラクの危険な任務の多くが「民間人材会社の傭兵」によって行われています(民間会社の死亡者は戦死者にはカウントされないため)。この傭兵の多くがブルーカラーの貧困層です。他に仕事がないので仕方なく短期間で高額の給与がもらえる傭兵をするのです。しかし、恐ろしいことにこの傭兵は人材会社との契約で負傷や戦死しても一切お金は出ないのです。「イラクで大怪我を負ったが治療費で給与以上かかってしまった」という人が実際にいます。これがイラク戦争の現実なのです。

(註・現在はこの危険な任務はアメリカから外国の人材派遣会社にシフトしつつあるそうです。南アフリカの派遣会社に頼むと「イラク人の車に爆弾が仕掛けられていないか」というめまいがするほど危険な任務をなんと一日一万円程度でやってくれるそうです。深刻な失業率にある南アフリカではこの安月給でも応募者が殺到しているそうです)



posted by はなゆー at 03:42| Comment(3) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、竹中平蔵は「人材派遣会社」パソナのエラいさんに収まってるな。
Posted by a at 2010年07月07日 09:37
米太平洋軍主催医療・文化活動 「PP10」終わる 
3自混成チーム帰国へ
http://www.asagumo-news.com/news/201007/100701/10070109.htm

Pacific Partnership 2010 Departs Cambodia
http://www.c7f.navy.mil/news/2010/06-june/42.htm
Posted by katute at 2010年07月07日 12:41
堤未果さんの「貧困大国アメリカ」シリーズは予言書だったんですね。ホームレス支援のもやいにもすでに自衛隊から勧誘が来ているようですし、戦地への派遣会社は日本支社の話が出ているとのこと。堤さんは何かのインタビューで、「憲法改正しなくても派遣社員としてワーキングプアの若者が戦場に行く日が来る」とおっしゃっていましたが、ちゃくちゃくと進んでいて怖いです!どこまでアメリカのいいなりになるんでしょうか、、管直人も総理になった途端財務省の腹話術人形のように180度変節してしまったし、、、誰を信じればいいのか、、私たちが本当の情報を拡散するしかないのですね。
Posted by mori at 2010年07月07日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。