2010年07月07日

イラクの米軍基地を警備していたウガンダ人傭兵が死亡(病死?)

バグダッド北方のバラドで、米軍基地を警備していたウガンダ人傭兵(30歳)が死亡。



☆Uganda: Guard Dies in Iraq (アル・アフリカ)

http://allafrica.com/stories/201007020085.html

Kampala ― A 30-year-old Ugandan has died in Iraq where he was a guard at American facilities. Steven Ntege passed away on June 26 at Camp Balahd north of the capital, Baghdad.

(略)

Camp Balahd is the launching point for American army helicopters and military intelligence.




posted by はなゆー at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。