2010年07月10日

在米の社民党支持者が今日も「みんなの党」を猛然と糾弾しているが

以下の論陣はことごとく正論であるが、既に日本のB層有権者が「国会議員と公務員の大幅削減をしてくれるならば、悪魔とも阿久根市長とも手を結ぶ」腹を固めている現状においては、なんら説得力を持たない非現実論である。

「過半の日本人の政治意識はロシア農奴とほぼ同等」と割り切って選挙戦を戦っている某政党の選挙戦略の優秀性を再認識させられるばかりである。

なお大衆が望んでいるのは「言葉に責任を持つ政治」などではなく「パンとサーカス」「明日のメシ」であることは言うまでもない。「スローガンやイデオロギーやキレイゴトではメシは食えない」。

           ↓


ニューヨーク在住の社民党支持者
http://twitter.com/SDPJmania

みんなの党の伸長に手をこまねいて眺めているのは得策ではない。小泉さんと一緒で危険な香りがプンプンです。雰囲気だけで実態のない政党に投票するのはいい加減やめませんか?

みんなの党の政策面の脆弱さを徹底的に指弾していきましょう。穴だらけで、もう笑うしかない政策集。党首も二世議員で、親のすねで資産と議席を持つ、言葉だけ踊る実行力のない人物。大臣をした時に何も実績が上がらず孤立したことからも明らか。要は渡辺党首は言葉だけで実行力も戦略もない。

官僚を目の敵にして、官僚をハローワークに送ってしまえと演説し、大衆の人気取りをするみんなの党は、民主以下、自民以下。阿久根市長と同じ。日本をさらなる混乱と停滞に巻き込まないで欲しい。

みんなの党の渡辺代表は、公務員が消え去り、人数の減った国会議員が子細にわかり全てを取り決め、公共サービスの実戦部隊を民間に任せる日本を夢見ているのか?

父親から受け継いだ地盤と資金で、一般人の苦労も知らずに国会議員になり、好き勝手、口からでまかせに他人の批判をする渡辺さんこそ、世代を跨る天下り議員みたいなもんだ。

全く信用できない変節の人:渡辺語録
「当時はいわば野党的立場にあったからあんな質問ができた。政府の中にいたわけでないのでくわしい情報を知らなかった」
http://news.livedoor.com/article/detail/4875910/


あまりに言葉の軽さが目立つ渡辺さんをみていると、福島さんの大臣罷免の時の言葉が輝いてみえる。「言葉に責任を持つ政治」が再評価される時を待っています。

鳩山さん、菅さん、みんなそうだ。政権に入ると、選挙公約もマニフェストも全部関係なし。選挙戦が始まり評判が悪いと、演説内容を変更。唯一信念を守って政権から追い出されたのは社民党の福島さん。その原点をきちんと社民党は今回訴えているだろうか?




《おまけ=在日邦人のツイート》

Barista T.S(大阪府)
http://twitter.com/suzupanda/status/18046548839
これから小さい政府づくりに向けて頑張ってくれるなら過去は気にしない そんなこと言ってたらキリがないような気が… ちなみに私はみんなの党の支援者じゃないですよ


冬瓜堂
http://twitter.com/tohgando/status/18158920802
東に下ったところにみんなの党大嶋某。マイクを持った女性運動員「公務員に握られているのが民主党。国民の6%しかいない公務員の言いなりなのが民主党。みなさんは6%ではなく94%の方でしょうから」云々。
公務員はみんな敵なんですねわかります。


nagano
http://twitter.com/nagano1102/status/18166299675
明日の参議院選挙は、みんなの党がどれだけ伸びるか注目している。
行政改革、公務員改革、議員定数削減が進展する、きっかけになればいいと思う。


スタンドウラン佐藤
http://twitter.com/SitPlutoniumTYS/status/18163798066
共産党はやっぱり凄い。貧乏人目線が半端やない。毎回思うのだが、共産党のマニフェストは貧乏人から見れば、完全に美辞麗句。政権与党になれば、本当に達成出来るのだろうか?少し見てみたい気もする。しかし、議員定数削減に反対してる時点で少数派(野党)である事を受け入れてしまっている。


MaGNa250
http://twitter.com/MaGNa250/status/18163191487
自民とみんなの党のマニフェストをさらっと読んだ。俺の希望としては,子供手当の停止,国会議員定数の削減が最低ライン入ってないとアウト。自民とみんなの党はそれを推奨してる・・・かな。



《2ちゃんねるより》

11 名前:無党派さん[]
投稿日:2010/07/08(木) 12:36:38 ID:nivq4STz [2/4]
ここまで狂気的かつ執拗にアンチを繰り広げ、みんなの党を叩く輩は自分達の権益を守りたがる公務員とその関係者
その証拠にこいつらは公務員改革と天下り根絶という核心的内容には決して触れない。


66 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/07/08(木) 22:01:39 ID:4CuxD68d [3/7]
労働市場流動化を主張するみんなの党こそが非正規の味方

posted by はなゆー at 12:18| Comment(4) | TrackBack(2) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
要するに、みんなの党は天下り公務員(金額は兎も角、人数としては極僅か)の利権さえも取り込みたいって意味ですね?
流石資産家、カネのある所に目を着けますねえ。
カネがカネを呼ぶって信仰の持ち主ですか。
結局、天下りをみんなの党が仕切る訳か何かで?
みんなの当詣でを天下りしようとするとしなきゃ行けなくなるんですね!
労働市場流動化こそは、経団連の悲願「非正規雇用9割と正規雇用1割の世界」完成形ですしねえ!
Posted by 田仁 at 2010年07月10日 17:33
国家公務員31万人を10万人削減して、給与を1兆円浮かす、とあります。みんなの党の候補者である、若林亜紀氏の著書では、国家公務員の給与は、4兆円。3分の1の人数が減り、さらに幹部は給与カットと言ってるのに、1兆円しか減らないのは、どうしてか?給与の安い、ノンキャリアを中心に解雇するのでは、ないか?また、解雇した公務員10万人は、失業者になるわけで、現在の失業者をさらに圧迫する。日本の公務員は、国民一人当たりで考えると、多すぎるというわけではない。都市部の役所では、いつも、待たされている。クビにした公務員を、非正規職員として、安く使う気なのだろうか?選挙前までは、法人税を下げ、消費税を上げて、消費税は、地方の財源に、と言っていた、渡辺党首。こんないいかげんなことが通用して、指示を集めるなんてどうかしてる。なにしろ、300兆の郵政を5兆で売って、300兆が、国民にまわる仕組みを作るなんて、ありえねーことをアジェンダに書いてある。詐*師のパンフレットだよね
Posted by U at 2010年07月10日 21:58
今回の参院選で、社民党が惨敗したとしても、それは「みんなの党」のせいなどではなく、社民党のオウンゴールが原因でしょう。

社民党は政権離脱で支持率を上げましたが、それをキープすることができませんでした。

社民党内には辻元清美・阿部知子など、民主党のスパイが存在し、TVに出ては消費税増税を支持するような発言を繰り返していました。
福島党首もそれを放置し、何らの処分もしませんでした。
福島党首も連立への未練を断ち切れず、民主党との関係を修復しようとしていたのかもしれません。

結局、党内の混乱とまとまりの無さばかりが目立ち、方針が定まらなかったことで、支持率はダウンしてしまったのです。

もし、社民党が連立への未練を断ち切り、党内の民主党スパイを追放し、「消費税増税反対」を前面に掲げていたならば、支持率はさらにアップしていたでしょう。
そのチャンスを逃してしまったことの責任を福島党首は免れることはできないでしょう。
Posted by nekonekoneko at 2010年07月11日 09:03
ソ連の粛清じゃあるまいに、意見の相違で人を切る切らないについて、共産党支持者から意見される謂れは無いでしょうね!社民にはね。
連立離脱時期が早かったのは解っていたが、其処に政局を設定したのは自公共みマスゴミ連合の「早くしろ!」大合唱があったから。
党利党略目的の「足の引っ張り合い」思想から逃れられない以上、共産党の浮上は更に難しいでしょう。
Posted by 田仁 at 2010年07月11日 16:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「劣情」の動員か? ―「みんなの党」の異常な支持率について
Excerpt: 大津留公彦ブログによると,東京選挙区は消費税増税派ばかりで占められる危険があるという.同ブログによる日経新聞の引用では,「東京選挙区の五人目の議席を,共産党の小池晃氏と,みんなの党の松田公太氏とで争っ..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2010-07-10 17:28

投票日まであと2日,土曜の夜はドキュメンタリー
Excerpt: 投票日まであと2日.土曜の夜は気分を変えてドキュメンタリーなどで過ごされてはいかが? 政府は2010年3月12日の閣議で,殺人など最高刑が死刑の罪の時効(25年)を撤廃し,傷害致死罪などその他の..
Weblog: 静かなる革命2009
Tracked: 2010-07-10 21:22