2010年07月15日

〔史料〕前原沖縄担当相が前名護市長らと都内で会談(5月)

☆沖縄担当相、前名護市長らと接触 新たな北部振興策提示
(5月21日の琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162387-storytopic-53.html

http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/725.html

名護市の島袋吉和前市長と市経済界の有力者2人が19日に都内で前原誠司沖縄担当相と会談し、米軍普天間飛行場の同市辺野古沿岸部への移設計画に関して意見を交換していたことが20日、複数の関係者の話で分かった。会談は政府側からの要請に基づくもので、普天間移設問題に関連して島袋氏らは沿岸部を埋め立てる現行計画を引き続き容認するとの立場を説明。前原担当相は従来の北部振興策に代わる新たな地域振興施策について提案したという。

(略)

島袋前市長ほか県建設業協会前副会長の仲泊弘次氏、市商工会会長の荻堂盛秀氏が同席した。




《おまけ》

中村有里
http://twitter.com/yurys/status/18518656552
さっき岩上安身氏が、前原大臣が名護市議選に向けて、辺野古移設賛成派を再結集し、市議選後、稲嶺市長をリコールしようと画策していると言ってました。そのことは沖縄の人はみんな知ってると言ってたけど、そうなの???


ちえぞう(沖縄にいる根っからの流浪の民です)
http://twitter.com/tchiezinha/status/18522683754
噂は聞いてます


Kono
http://twitter.com/kono_chiha/status/18516353493
岩上さんが沖縄で取材したそうですが、前原は、辺野古推進派の前市長と極秘会談して、反対派の現市長追い落としを図っているのだそうだ。何それ、最低>前原


TiamEu4
http://twitter.com/TiamEu4/status/18516568466
ジャーナリスト岩上さんによれば、前原大臣は沖縄問題で推進賛成派住人と密会しているらしい。色々裏工作のために暗躍しているとのこと。彼はきっと全体の利益(と思われるもの)にためには少数派を切り捨てるタイプの政治家なんだろうと思う。目つきからして冷酷そうだものな(偏見だけど・苦笑)。



posted by はなゆー at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 史料倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。