2010年07月18日

〔動画分析〕オタク層の取り込み対策が不充分だった保坂展人氏

7/4に秋葉原にて行われた、保坂展人さんと森原秀樹さんの演説会「表現規制と人権」です。応援演説は翻訳家の兼光ダニエル真さん、ジャーナリストの幸田シャーミンさん、江東区区議会議員の中村まさ子さん、八千代市議会議員の秋葉就一さん、千代田区区議会議員の寺沢文子さんです。

http://www.youtube.com/watch?v=ILElNEHcmCo

      ↓


〔動画分析〕

秋葉原の男性とくにオタク層へのアピールなのだから、「社民党」の文字が入った青い旗だけではアピール力が弱い。「萌え」系イラスト
http://portal.nifty.com/cs/mitekite/detail/090712103520/1.htm
が描かれた旗もほしかった。また、聴衆の層(男性とくにオタク層)から考えて、応援弁士に1人は若くてタレント性のある女性がほしかった。適任者が見つからなければ、北海道から本田ゆみ氏
http://www.youtube.com/watch?v=RiV0wuqm4gs
を引っ張ってきてもよかった。



posted by はなゆー at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「色物」を持ち出すのは邪道である、という意識があったのかも知れないし、勿論、それは正しい在り方だと思うけど、でも、有権者の側まで「下りていく」事も、また大切なのかも知れない。
確かに、社民党の訴え、掲げる政策は気高く、是非実現されるべきものだけど、しかし逆に、そこに存在するプライド、自我の壁が邪魔して、より多くの人々にその声が届かなくなっているとは、考えられないだろうか。
Posted by a at 2010年07月19日 06:30
保坂さんは晴海のコミケにも行き(演説させろとゴネて迷惑がられた幸福実現党とは違って)参加者一人一人にチャンとコミュニケーションを取った人です。
寧ろ逆に「オタク」「コミケ参加者」なら非実在青少年規制云々その他に対して敏感な感性を持って常にフォローしてるだろう、との見方の方が思い込みらしいですよ?
彼等も又「ノンポリこそが最も安全」と刷り込まれた「学生運動後」の羊達の群れだから。
Posted by 田仁 at 2010年07月19日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック