2010年07月20日

〔辺野古〕名護市の農民が「基地受け入れ賛成」に転じる気配

いは(沖縄の農民)
http://twitter.com/18iha/status/18823983292
名護市議会議員選挙についての勝手な予想・・・ 
辺野古誘致派議員が過半数を取る可能性が大きいように感じる。
名護には北部振興のお金でコレまで食いつないできた人達も多く、これからも、国からのお金を頼りにしている雰囲気をどこか感じる。だけど、新基地建設だけは間違えても許してはいけない。


いは(沖縄の農民)
http://twitter.com/18iha/status/18915022664
ほぼ毎日提言しますのでご理解を。名護市議会選挙に向けて、基地誘致派が勝利する可能性が大きいと体感温度で感じます。 
辺野古への基地建設は名護だけでなく、沖縄・日本の問題です。
決して稲嶺名護市長を孤立させてはいけない!!名護の市民は必ず選挙に行ってください。


joha_woodcraft(東京の西多摩)
http://twitter.com/joha_woodcraft/status/18925748912
五月、北部の農家の方々と話した時にも感じました。とにかくある種切実な問題なのです。本当は基地など望んでなく生活の為に。ヴィジョンがないのです。




《備考》

☆〔普天間・辺野古〕前原沖縄担当相が名護市長リコールを画策中!
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/596.html
投稿者 下戸彩 日時 2010 年 7 月 14 日


岩上安身(ジャーナリスト)
http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/18505929299
ごごばん、終了。沖縄のこと、まだまだ言い足りませんでしたが、少しは現実の一端をお伝えできたかな、と。もっと詳しくお知りになりたい方は、HPから岩上安身チャンネルまで。Ustの録画が見れます。その他、未発表のビデオなど、これからYoutubeにアップします。


Kono
http://twitter.com/kono_chiha/status/18516353493
岩上さんが沖縄で取材したそうですが、前原は、辺野古推進派の前市長と極秘会談して、反対派の現市長追い落としを図っているのだそうだ。何それ、最低>前原


Kono
http://twitter.com/kono_chiha/status/18515709935
前原って、最低。さすがメール事件起こしただけのことはあるな。



中村有里
http://twitter.com/yurys/status/18518656552
さっき岩上安身氏が、前原大臣が名護市議選に向けて、辺野古移設賛成派を再結集し、市議選後、稲嶺市長をリコールしようと画策していると言ってました。そのことは沖縄の人はみんな知ってると言ってたけど、そうなの???


TiamEu4
http://twitter.com/TiamEu4/status/18516568466
ジャーナリスト岩上さんによれば、前原大臣は沖縄問題で推進賛成派住人と密会しているらしい。色々裏工作のために暗躍しているとのこと。彼はきっと全体の利益(と思われるもの)にためには少数派を切り捨てるタイプの政治家なんだろうと思う。目つきからして冷酷そうだものな(偏見だけど・苦笑)。


kiki kirin
http://twitter.com/kirinkiki/status/18520853836
前原沖縄担当大臣が島袋前名護市市長らに働きかけて市議会で稲嶺現市長の不信任を可決するよう多数派工作を行っているらしいわね。はてさてこの中
http://ht.ly/2bjgl
の何人が…、機密費は如何に…?


いっちゃん
http://twitter.com/itchi_says/status/18515759794
岩上「民主党の前原さんは、名護市長選で稲嶺おろしをしていた」





☆前原大臣は保守派の前名護市長と密会し、稲嶺市長リコールの画策をやっている。沖縄の怒りはすごい。(岩上安身)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/725.html
投稿者 蔦 日時 2010 年 7 月 17 日


沖縄は何よりも抵抗の意志が相当に強いです。かなり強いです。
このあとですね、知事選がありますけど、宜野湾市(長)の伊波さんが出るんだよ。

だから非常に沖縄県民の意思が示されるチャンスになる。

その前にですね、名護の市議会選挙がある。

名護市っていうのはあの辺野古のあるところだけど、
ここの市議会選挙で推進派の市議会議員が多数を占めると、
名護の稲嶺市長をリコールできる。

で、そのために前原大臣がですね、前に落ちた島袋さんという、
保守派の元市長と密会したりとかですね、後援会と密会したりとか、
要するに稲嶺落としのために画策してるっていうことがですよ、
実は本土ではあまり知られてないっていうか、ほとんど知られてない。

これに対して沖縄県民はみんな知ってる。で、怒りがすごいの、やっぱり。

なんだいったいあの前原は、みたいなね。

(略)

推進派の市長に会いに行って画策をするって、
自民党の大臣だってやらないだろうこんなことって、っていう。

っていうかまあ自民党の大臣だったらやってもいいのかも知れないけれども、それにしてもあんまりじゃないかって。




《史料〜前原沖縄担当相が前名護市長らと都内で会談(5月)》

☆沖縄担当相、前名護市長らと接触 新たな北部振興策提示
(5月21日の琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162387-storytopic-53.html

http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/725.html

名護市の島袋吉和前市長と市経済界の有力者2人が19日に都内で前原誠司沖縄担当相と会談し、米軍普天間飛行場の同市辺野古沿岸部への移設計画に関して意見を交換していたことが20日、複数の関係者の話で分かった。会談は政府側からの要請に基づくもので、普天間移設問題に関連して島袋氏らは沿岸部を埋め立てる現行計画を引き続き容認するとの立場を説明。前原担当相は従来の北部振興策に代わる新たな地域振興施策について提案したという。

政府側が移設問題の決着期限としている5月末を前に、辺野古移設を明確に拒否する稲嶺進名護市長の頭越しに、新たな振興策を条件として地元関係者に揺さぶりを掛けたとも取られかねない対応で、名護市や県内世論の一層の反発を招きそうだ。

関係者によると、意見交換では前原氏から(1)市内の移設容認派、反対派についての現状確認(2)新たな振興策の提案(3)今後の調整継続―などの話が出たという。島袋前市長ほか県建設業協会前副会長の仲泊弘次氏、市商工会会長の荻堂盛秀氏が同席した。

政府は普天間移設問題で、現行計画と同様の埋め立て方式を軸に調整を進めており、従来、沖合への移動を条件に埋め立てを容認してきた島袋氏らに新たな振興策を提示することで、地元の移設受け入れへの道筋を付けたい考えがあるとみられる。

前原担当相と島袋氏らが意見交換した一方、市には20日現在、移設に関して政府から公式な連絡はない。

USTREAM世界を変えるネット生中継

USTREAM世界を変えるネット生中継

価格:767円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック