2010年07月22日

日本が米国経由で「イスラエルの戦費」を負担する構図になっている 

☆イスラエル ミサイル防衛システムを配備へ 11月にも
(7月20日の毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000068-mai-int

http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/384.html

イスラエル国防省は19日、短距離ミサイルやロケット弾を迎撃する新開発のミサイル防衛システム「鉄のドーム」を早ければ11月に配備する計画を発表した。

(略)

米国が、開発費用のほぼ半分とされる2億ドルを拠出する予定。

(略)

同氏はまた、米政権が議会に10年度予算案で、イスラエルの軍事支援費として史上最高の総額27億ドルを要求したことも明らかにした。



★米政権が、イスラエルの軍事支援費として無償で提供予定の総額27億ドルは、日本円に換算するとおおよそで2335億円。これは日本がアメリカに支払っている「在日米軍駐留経費」

http://www.mod.go.jp/j/approach/zaibeigun/us_keihi/suii_img.html

http://www.mod.go.jp/j/approach/zaibeigun/us_keihi/suii_table_14-21.html

と、大まかに見て同じ金額である。



ラベル:イスラエル
posted by はなゆー at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。