2010年07月24日

BBC動画ニュース「ファルージャ(イラク)の子供たちの遺伝子損傷」

2004年の米軍による猛攻の際、白リン弾や劣化ウラン弾が使用されたイラクのファルージャで急増する癌や先天性異常などについての動画ニュース。



☆Fallujah children's 'genetic damage'
(英国BBC動画ニュース)

http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-10721562

Cancer, leukaemia and infant mortality are all increasing in the Iraqi town of Fallujah, which saw fierce fighting between US forces and Sunni insurgents, a new survey says.

Still one of the most dangerous places in Iraq, doctors have been reporting a large number of birth defects since the 2004 offensive.



《関連英文記事》

☆Child deformities 'increasing' in Falluja
(3月4日の英国BBC音声ニュース)

http://news.bbc.co.uk/today/hi/today/newsid_8548000/8548926.stm

A paediatrician and parents have told the BBC of a high level of birth defects among children in Falluja, Iraq, blaming weapons used by the US.

In 2004, there were fierce battles as US forces subdued two uprisings in the town. It has been suggested that they used white phosphorus and shells tipped with depleted uranium during the conflict, but this has not been proven.



ラベル:イラク
posted by はなゆー at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。