2010年07月25日

防衛大綱を改定し海上自衛隊の「潜水艦」を初めて増強することに

防衛省は、年末に改定する「防衛計画の大綱」で海上自衛隊の潜水艦を増強する方針を固めた。


☆海自潜水艦、初増強 中国海軍の動きに対抗 防衛大綱改定
(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100725-00000057-san-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/299.html

昭和51年に初めて策定した防衛大綱で隻数を定めて以降、増強は初めて。



《おまけ》

平良夏芽(沖縄の牧師)
http://twitter.com/natsumetaira/status/18971537311
5〜8年内に宮古、石垣に国境警備隊、与那国に陸上自衛隊を配備すべく防衛省が予算請求する予定と沖縄タイムスが報じている。戦争は、防衛と称して他国を軍事的に刺激することから始まる。約70年前、沖縄は喜んで日本軍を迎え入れて戦闘に巻き込まれた。全ての基地を拒絶しよう。



posted by はなゆー at 10:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしも、自分の住処の隣人が武装し、銃口を向けてきたとしたらどうだろう?
そういう、少しの想像力を働かせることが、反戦平和、非武装中立への第一歩ではないだろうか。
Posted by 想像力 at 2010年07月25日 13:15
基地拒絶手(パー)沖縄は自民党選んだんだペン意地悪介護員


それより潜水艦造る金有るなら国民‥貧困層にバラマケよ!

仕分けは防衛庁から!
Posted by 介護員 at 2010年07月25日 14:31
一隻500億円掛かるディーゼル潜水艦は「>良く」て、福祉・雇用には財源財源と鬼の様に消費増税を言う不思議。
Posted by 田仁 at 2010年07月25日 17:59
現状ではこの程度の増強は当たり前でしょうね。
反対する理由も無い。

非武装中立なんて世界的に見ても絵空事。
予算が足りないなら即刻子供手当てなんて馬鹿げた政策を廃止すれば良いだけの事。

新たに生産枠を増やすのではなく現在有る物を少し長めに使うだけの事。
まあ維持のコストはもちろんかかりますが。
Posted by 通りすがり at 2010年07月25日 22:41

子供は幾らでも児童虐待で死ぬなり学歴を得られないなり生活苦で苦しめと言いながら防衛増強。
コレが自衛隊の本質です。
人殺しは先ず第一に国民を殺そうとするからね。
もう既に自衛隊は関東軍に成り果てたよりか悪い、米国軍の一機関に成り下がりました。
だから、日本人の事は単なるATMとしか感じない。
Posted by 田仁 at 2010年07月26日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。