2010年07月25日

米重鎮議員「抑止力の観点では沖縄に海兵隊は不要」

民主党の重鎮、バーニー・フランク下院金融委員長が、軍事に偏らない多元的同盟関係の構築を主張した。



☆フランク下院議員 抑止力は「先入観」 斎藤議員と会談
(琉球新報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100725-00000002-ryu-oki

http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/311.html

その上で「抑止という観点から海と空は引き続き重要だが、陸上兵力が不可欠だとは思わない」と抑止力の観点から海兵隊は不要だと述べた。




posted by はなゆー at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。