2010年07月25日

ファルージャ(イラク)で広島を上回る後遺症(白血病は38倍増)

☆ファルージャ ヒロシマを上回る後遺症 白血病38倍増 米海兵隊 ウラニウム新兵器を使用か? (大沼安史の個人新聞)

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/07/post-12f8.html

米海兵隊が2004年に猛攻撃を行い、瓦礫の山と化したイラクの都市、ファルージャで、遺伝子変異物質に被爆したことで起きる後遺症が多発していることが、英アルスター大学の研究者と地元医師らの調査で分かった。インディペンデント紙のパトリック・コバーン記者が報じた。

疫学調査はことし1、2月、アルスター大学のクリス・バスビー客員教授と、地元イラク人医師11人のチームで行われ、711家族、4800人を診察した。

その結果、米海兵隊の攻撃後、白血病を発症した人は、以前の38倍にも達した。また、乳がん患者も10倍増。

発症したがんのタイプは、「ヒロシマ(の被爆者)に似ている」という。

とくに白血病の38倍増は、ヒロシマの「17倍増」をはるかに上回るもの。

また、ヒロシマで起きたのと同じ、新生児の男子が激減する(18%減)現象も確認された。

バスビー氏は、米海兵隊がどんな兵器を使用したか特定できないが、何らかのタイプのウラニウム(兵器)が使用され、それによって後遺症被害が出ているものと見ている。「私の推察では、彼らは建物を破壊し、中に居る住民を殺す新兵器を使ったようです」

海兵隊はファルージャ攻撃で白燐弾を使用(当初、否定したいたが、その後、認める)、さらには貫通能力の高い劣化ウラン弾を使用した疑いが持たれている。しかし、この劣化ウラン弾はすでに知られたもの。バスビー氏があえて「新兵器」使用の疑いを提起した意味は大きい。

海兵隊はウラニウムを使った、劣化ウラン弾以外の新兵器をひそかに使用したのではないか?

調査によれば、ファルージャでは乳児死亡率も1000人あたり80人(エジプト同17人)に達しているという。

そして、なんと、頭をふたつ持つ女の子も誕生しているそう。




☆Toxic legacy of US assault on Fallujah 'worse than Hiroshima'
(英国の高級紙「インディペンデント」)

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/toxic-legacy-of-us-assault-on-fallujah-worse-than-hiroshima-2034065.html

http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/394.html

Iraqi doctors in Fallujah have complained since 2005 of being overwhelmed by the number of babies with serious birth defects, ranging from a girl born with two heads to paralysis of the lower limbs. They said they were also seeing far more cancers than they did before the battle for Fallujah between US troops and insurgents.

Their claims have been supported by a survey showing a four-fold increase in all cancers and a 12-fold increase in childhood cancer in under-14s. Infant mortality in the city is more than four times higher than in neighbouring Jordan and eight times higher than in Kuwait.

Dr Chris Busby, a visiting professor at the University of Ulster and one of the authors of the survey of 4,800 individuals in Fallujah, said it is difficult to pin down the exact cause of the cancers and birth defects. He added that "to produce an effect like this, some very major mutagenic exposure must have occurred in 2004 when the attacks happened".




《関連英文記事》

☆Fallujah children's 'genetic damage'
(7月21日の英国BBC動画ニュース)

http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-10721562

Cancer, leukaemia and infant mortality are all increasing in the Iraqi town of Fallujah, which saw fierce fighting between US forces and Sunni insurgents, a new survey says.

Still one of the most dangerous places in Iraq, doctors have been reporting a large number of birth defects since the 2004 offensive.




※ 邦文字幕付き動画「ファルージャの子供達が被る遺伝子損傷」
http://www.youtube.com/watch?v=qo7p-KbYM7Q



☆Child deformities 'increasing' in Falluja
(3月4日の英国BBC音声ニュース)

http://news.bbc.co.uk/today/hi/today/newsid_8548000/8548926.stm

A paediatrician and parents have told the BBC of a high level of birth defects among children in Falluja, Iraq, blaming weapons used by the US.

In 2004, there were fierce battles as US forces subdued two uprisings in the town. It has been suggested that they used white phosphorus and shells tipped with depleted uranium during the conflict, but this has not been proven.



ラベル:イラク
posted by はなゆー at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バンカーバスター?
バンカーバスターです?
恐らく、バンカーバスターなら、丁度この頃に米国が鳴り物入りで戦場へ投入してましたが…?
但し、公式にはアフガニスタンの地下ヘ潜むアルカイダに使う、と言って大宣伝してました。
ワヤクチャな戦場で武器の流用は(チェィニー辺りが戦費をクスネる際には特に)ありがちですが。
Posted by 田仁 at 2010年07月25日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。