2010年08月07日

「世田谷の一家皆殺し事件はグレーゾーンで警察は動けない」

「この事件はカネ目当ての犯行ではなく、被害者宅にあった“ある種の重要書類”を奪うための犯行であったようだ」との説もあることを付記しておこう。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


☆世田谷一家殺害事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E4%B8%80%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

世田谷一家殺害事件(せたがやいっかさつがいじけん)とは、2000年に東京都世田谷区の一家4人が惨殺された事件、または当該事件の一般的な呼称。警視庁による正式名称は上祖師谷三丁目一家4人強盗殺人事件。未解決事件。

(略)

犯人は犯行時に手を負傷しており、その時に現場に残された血液から血液型はA型ということが判明している(殺害された一家にA型の人間はいない)。

(略)

浴室では、浴槽の中に父親の仕事関係の書類や母親の塾の書類、前述の止血をしたと見られる生理用品、タオル、アイスのカップなどが散乱していた。

このことから犯人が家の中を物色して不必要な物を浴槽に捨てたことが考えられる(浴室の中で仕分けしていた可能性もある)。

1階の納戸から浴槽に散乱していた書類が入っていたとみられる引き出し1段を2階のトイレ前まで運んでいた。

浴槽に散乱していた書類や広告チラシなどはハサミや手で引きちぎられていた。

2000年正月分の年賀状だけなくなっていたことから、犯人が持ち去った可能性がある。それ以前の数年分の年賀状は手つかずだった。

(略)

よみうりテレビ制作「たかじんのそこまで言って委員会」(2006年12月17日放送)内で北芝健が、警察発表の「犯人は近隣の15歳から35歳の男」という説の他に、あくまでもファンタジー(空想的)な話として、某有名カルト教団関与説があることについて言及した。それによると、目的は寄進を渋っていた他の資産家に対する見せしめで、教団の名称や国名は伏せられたが、某国の大統領が変われば捜査が大きく進展する可能性があるという。

2007年12月16日の放送で、韓国人が事件に関わっている説を取り上げ、政治的な問題で韓国政府が現在も捜査協力していない可能性を示唆した。

また、以前の別の番組(関西テレビ制作「ムハハnoたかじん」)で、実行犯はアジア系犯罪集団、計画立案に日本の犯罪組織が関わっていることも示唆していた。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



2006年12月17日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

で以下のような示唆があった

      ↓

「(世田谷の一家皆殺し事件は)ある有名カルト団体が関与している。その団体には、芸能人も所属している。グレーゾーンで警察は(今のところは)動けない。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



《2007年1月15日の「カマヤンの虚業日記」》

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070115#1168805925

http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/643.html


世田谷一家殺害事件は新興宗教「サイエントロジー」と関係がある臭いから、その点も情報を集めたいとこだ。…被害者の宮沢みきお氏は、英国系コンサルティング会社に勤務していた。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060110#1136867249 



「サイエントロジー」は統一協会などと提携をしている。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060505#1146775794

(略)

被害者夫妻はサイエントロジーの自己啓発セミナーで出会ったっぽい。で、イギリス系企業でしょ。そのへんになんかありそうなというか、なんかつんと臭うように思うんだ。まだ情報集めていないからほとんど何も言えないけど。

USTREAM“そらの的マニュアル”

USTREAM“そらの的マニュアル”

価格:1,000円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
単に飽く迄も一般的な話として、日本人が書類を証拠隠滅する際は、焼いちゃった方が早い。
残酷な事を書くと思われるか知れませんが、既に真っ先に一家を惨殺して仕舞った後の話ですから。
家ごと焼くとか。
しかしながら、古い石の家が前提の文化圏では、習慣的にソレはタブー。
何故なら、焼く際の気流の流れで、書類が逃げちゃって万万が一、石の細い間に挟まるとか焼け残るか知んない。
木と紙の文化との根本的な違いって奴ですね。
Posted by 田仁 at 2010年08月07日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック