2010年08月10日

ヨーロッパ数ヶ国の「極右政党」の代表団が訪日し靖国神社を訪問する

日本でも次期国政選挙までに、在日朝鮮人を仮想敵とする「ヨーロッパ風の極右政党」の結成を目指す動きがあるようだが、それに呼応し連携を図る動きではないかと思われる。

         ↓

☆欧州極右の代表団訪日へ (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000025-jij-int

http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/226.html

フランスの極右政党・国民戦線(FN)のゴルニッシュ副党首は9日、FNのルペン党首ら欧州の極右政治家でつくる代表団が12日から日本を訪問すると述べた。14日に靖国神社を訪れ、18日まで滞在する。AFP通信が報じた。

同副党首によれば、代表団にはFNのほか英国民党、オーストリアの自由党などの政治家が参加する。 




☆国民戦線(フランス)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%88%A6%E7%B7%9A_%28%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%29

国民戦線は、フランス人至上主義を掲げ黒人やイスラム系の移民排斥(ただし、フランスの文化を尊重する移民は拒まない)を唱えているが、他国からの移民によってフランス人としての権利が奪われているという感情から一部のフランスの海外県や海外領土の黒人からも支持を得ている。また、ルペンの側近の一人ブルーノ・ゴルニッシュは京都大学に留学した経験を持ち妻は日本人である。


▼ 政策 ▼

移民の制限。ただし、フランスの文化を尊重、保護する移民は拒まない。

たとえフランス国籍を持つ移民や移民二世・三世でも、犯罪を行った場合は出身国へ強制送還させる。

伝統的な生活様式を保護する。特に農民を尊重する。

フランス国内のモスク建設の停止。

麻薬の密売人や、小児性愛などの性犯罪者、殺人者、テロリストを特に対象として、死刑を復活させる。

公務員の削減。

減税。

極左に操られているような団体に対する補助金の廃止。

放任主義を減らし、道徳の復権をはかる。

犯罪者や移民には寛容ゼロで臨む。

同性カップルもパートナーシップを結べる民事連帯契約法の廃止。

国籍に関してはいわゆる血統主義を採用する。内容は「フランス国籍の親を持つ事」であり、「何代にも遡って血統が証明されたフランス人」ではない。




☆オーストリア自由党
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%85%9A
現在の自由党の政策の中にも、出入国管理強化やより厳格な法の執行、家族を保護するための基金の創設などに右派政党としての性格が現れている。



☆イギリス国民党
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%85%9A
移民排斥、計画殺人に対する死刑復活、教師の体罰容認などを掲げている。



posted by はなゆー at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも…。
基本、極右ってレイシズムでしょ?
ヒトラーも、日独伊枢機にも関わらず、内心イエローモンキーと馬鹿にしてたのでは?
ルペン側近の日本人妻って…。
幾重にも差別の内在化?
不気味です…。
Posted by 田仁 at 2010年08月11日 00:25
お豆腐なんか中国発祥なのに‥美味い美味い手(パー)食べてるのに
Posted by 介護員 at 2010年08月11日 00:42
フランスのみならず欧州が移民問題や宥和優遇政策の失敗で苦悩しているのは事実。

単に”排外主義だ””右翼だ”と罵るだけでは民族問題は解決しない。
日本の左翼は知識人ではなくもはや情報弱者である。
Posted by ますごみ at 2010年08月23日 12:26
コノ動きが単発で止まれば、金融危機で「融資の相談?」と笑い話で済むが、もし仮に継続的に関係を持つならば、一水会の鈴木も「存外の馬鹿!」てな事になり兼ねない。
詰まり、今度こそはコレが靖国原理主義にとり致命傷になるだろう。
レイシズムと排外主義は切り離せない密接な関係にあり、一方を抽出して扱う事など不可能で、端的に言えば「権力に尻尾を振りたいポチ狗が、経済不況を移民の所為にする」構図は動かないからだ。
責任転嫁は時間稼ぎと失敗にのみ有効な手段であって、不況の根本原因を正視して対応するのではなく、又しても昔のナチスや日本軍国主義が辿った道を行こうとする馬鹿を、一体全体「記憶力がある」健常者の誰が支持すると思うのか?
記憶力を伴わない健忘症こそが普通一般人、との思い込みを馬鹿右翼は捨てるべきだろう。
其処が最も事実誤認著しい部分か知れない。
Posted by 田仁 at 2010年08月24日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。