2010年08月13日

〔沖縄県知事選〕民主党が伊波洋一候補を「落選」させるべく決起か

沖縄県知事選。第三の候補者擁立を目指す儀間光男浦添市長や赤嶺昇県議らが「県民主役の知事選挙を実現する会」を発足させた。

政策説明会には、辺野古を含む選挙区選出の民主党の玉城デニー衆院議員や、民主党を基軸とする労組代表らが出席した。


これにより、社民・共産・沖縄社会大衆の3党が共闘して伊波洋一・宜野湾市長を擁立しても、辺野古移設に「反対」する有権者の票がごっそり食われるので共倒れとなる。これで現職の仲井真弘多知事の再選が事実上決定した。




☆知事選へ「第3の候補」 浦添市長らが「実現する会」 (琉球新報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100813-00000010-ryu-oki

http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/365.html

普天間飛行場の辺野古移設について儀間氏は「県民が反対している以上、小手先の移転先探しでは実現不可能だ」と述べ、公有水面埋め立てには同意しない立場を明言した。

(略)

また「政府と対峙(たいじ)しては基地も経済の問題も進めることはできない」と民主政権との対立は避けるべきだと強調。

(略)

会場には民主党県連副代表の玉城デニー衆院議員、与那覇栄蔵全駐労沖縄地本委員長らも姿を見せた。




☆第3候補探る会発足 県知事選 (沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-13_9210/

在沖米海兵隊の国外撤退を求め、政府と堂々と交渉するなどとした基本政策(素案)を発表し、政策本位で8月末をめどに候補者擁立を目指すとしている。

(略)

同飛行場の名護市辺野古沿岸域への新基地建設に反対し、「県外・国外移設」を求める姿勢を強調。基地返還を計画的に進めるアクションプランの策定を盛り込むとした。

(略)

これまでの協議で、翁長雄志那覇市長や島袋純琉球大教授を推す声が上がっているとしている。政策説明会には約150人の支持者のほか、民主党の玉城デニー衆院議員や儀間氏を支持する浦添市議、民主基軸の労組代表らが出席した。




☆北沢氏「仲井真さん当選して」 知事との会談で発言 (沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-13_9211/

北沢俊美防衛相が6日に仲井真弘多知事と会談した際、知事選を話題に挙げ、「仲井真さんに当選してほしい」と発言していたことが12日、分かった。

(略)

北沢氏は要請を受けた後、8日投開票の地元の長野県知事選を引き合いに「沖縄も頑張らないといけない。引き続き頑張ってほしい」と声を掛けたという。

(略)

民主党本部の安住淳選対委員長は10日、玉城デニー、瑞慶覧長敏の両衆院議員との会談で「政治的スタンスが違う」として知事選出馬に意欲的な伊波洋一宜野湾市長との選挙協力は困難と伝えた。

北沢氏の発言が個人的な見解だとしても、普天間問題を担当する閣僚の発言は、自公を基盤とする仲井真知事や知事選の方針を決めていない民主県連など多方面に影響を及ぼしそうだ。





《儀間光男浦添市長は参院選沖縄選挙区で島尻あい子候補を支援した》

☆島尻氏、34市町村制す 参院沖縄選挙区分析
(7月13日の沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-07-13_8033/

島尻氏は、保守地盤のうるま市で票固めを図ったが、山城氏の出身地ということで票が流れ、3・8ポイント下回る結果となった。一方、儀間光男市長の支援を受けた浦添市では、比例候補とのセット戦術が功を奏し、山城氏に6・9ポイント差をつけた




《現職候補である仲井真知事は「言質」をとられない老獪な作戦を採るものと思われる》

968 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/08/08(日) 21:51:26 ID:E5h2afZu [19/20]

「現職知事が基地県内移設反対に舵を切れば国とのパイプを断つことになる」と周辺から進言されている仲井真知事は「このままでは容認派として攻撃される」ということで基地問題についてギリギリの表現に知恵を絞っている

後援会は「知事の仕事は基地問題だけじゃない」と争点回避に躍起

辺野古移設に対し「実現はきわめて難しい」との表現で移設に厳しい見解を示すものの完全否定はしない方向で調整中



《おまけ》

☆囲魏救趙
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%B2%E9%AD%8F%E6%95%91%E8%B6%99

囲魏救趙(いぎきゅうちょう、魏を囲んで趙を救う)は、兵法三十六計の第二計にあたる戦術。


敵を集中させるよう仕向けるよりも、敵を分散させるよう仕向けるのがよい。

敵の正面に攻撃を加えるよりも、敵の隠している弱点を攻撃するのがよい。


戦国時代の中国で、当時強盛を誇った覇権国家・魏が趙と戦った際に、趙は次第に追い詰められ、ついに魏軍に都を包囲されてしまった。趙は同盟国の斉に援軍を求め、斉の威王はすぐさま田忌を孫臏と共に派遣して趙を救援させた。だが、孫臏は趙に向かおうとする田忌を途中で留めてこう言った。

「絡まった糸を解くときには無理に引っ張らないほうが良い。闘いから救おうとするなら直接加わってはいけない。要所を突き、虚を突いて、形勢を崩してやれば、糸はおのずから解けていくものだ」

孫臏は魏本国を攻めることで、魏軍を趙から撤退させ、引き返して来た魏軍を桂陵の戦いで大破して趙を救った。

このように、敵を一箇所に集中させず、奔走させて疲れさせてから撃破する戦術を囲魏救趙の計と呼ぶ。

出典は『史記』「孫子呉起列伝」。




☆韓信
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E4%BF%A1
体勢を立て直した劉邦は、自らが項羽と対峙している間に韓信の別働軍が諸国を平定するという作戦を採用した。まずは、漢側に付いていたが裏切って楚へ下った魏の魏豹を討つことにし、劉邦は韓信に左丞相の位を授けて討伐に送り出す。




▼ さらに、経済指標も伊波洋一候補にとっては「強い逆風」となってしまっている。沖縄県知事選では「基地反対ではメシは食えない。キレイゴトより、明日のメシだ」の“意図的な大合唱”が発生することは確実な情勢である▼

☆5月の県内失業率7・9% (6月29日の琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-164240-storytopic-4.html

県統計課が29日に発表した5月の完全失業率は7・9%で、前年同月比で0・7ポイント低下した。完全失業率が低下したのは2カ月ぶり。一方、沖縄労働局が同日発表した有効求人倍率は0・30倍で4月より0・01ポイント低下した。

統計課によると、就業者数は61万8000人となり、前年同月比で5000人増の5カ月連続増加となった。男女別の完全失業率は男性8・3%で、前年同月比1・5ポイント低下。逆に、女性は7・3%で、同比0・2ポイント悪化した。



☆09年度観光収入12%減 初の7万円台割れ
(7月23日の琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-165300-storytopic-4.html

県観光商工部が22日発表した2009年度の観光収入は前年度比12・1%(520億5千万円)減の3778億3200万円で、03年度並みの水準になった。前年度比の数値は、年度単位の統計がある02年以降で最大の下げ幅。観光客1人当たりの県内消費額も同8・4%(6055円)減の6万6403円で、年度単位の統計で初めて7万円台を下回る結果となった。世界的不況で入域観光客数が減少したことと併せ、観光収入総額を押し下げた。円高による海外旅行の人気も影響した。

1人当たり消費額の3割を占める宿泊費は、前年度比11・9%(2755円)減の2万460円。そのほか交通費や土産費など6項目すべてで前年度を下回る結果となった。

posted by はなゆー at 14:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「第三の候補」が擁立されたら「伊波洋一候補」が降りて「一本化」するぐらいの「奇策」も必要かも知れませんね。
「公示日ぎりぎり」のチキンレースが展開中なのでしょう。
Posted by ローレライ at 2010年08月13日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック