2010年08月27日

辺野古に建設中の兵舎は米兵用サイズではなく自衛官用サイズか?

〔推論〕辺野古新基地は最初から自衛隊基地への転用目的で建設?
http://alcyone.seesaa.net/article/160713566.html




joha_woodcraft(東京の西多摩に棲息)
http://twitter.com/joha_woodcraft/status/22229435752

これは沖縄で聞いた話、宿舎の建設はもう始まっていてそのサイズや雰囲気が米軍の従来の物とは随分違うというハナシでした。




《備考》

☆官僚が隠す沖縄海兵隊グアム全移転
(2009年12月10日。田中宇の国際ニュース解説)

http://www.tanakanews.com/091210okinawa.htm

辺野古では、すでにキャンプ・シュワブの海兵隊基地内に、海兵隊員用のきれいな宿舎や娯楽施設が何棟も建設されている。海兵隊員は2014年までにグアムに移るのだから、これらは短期間しか使われない。

(略)

(最終的に、海兵隊が沖縄から出ていった後、キャンプ・シュワブは自衛隊の基地となり、辺野古の宿舎は自衛隊が使うことになるのかもしれない)

「軍事植民地」沖縄

「軍事植民地」沖縄

価格:1,995円(税込、送料別)



ラベル:田中宇
posted by はなゆー at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。