2010年08月31日

〔沖縄県知事選〕民主党は「伊波候補への刺客」人選に邁進

☆辺野古移設は「不可能」 民主県連が知事選政策 (琉球新報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100831-00000008-ryu-oki

http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/570.html

知事選で支持する候補者について瑞慶覧長敏衆院議員は「独自候補も視野に入れているし、独自候補が擁立できなかった場合でも、この政策に賛成する人物と組むこともあり得る」と述べた。




★瑞慶覧長敏・衆院議員が言うところの「この政策に賛成する人物」というのは、浦添市の儀間光男市長や赤嶺昇・沖縄県議が人選を進めている「県政与野党のいずれにも属さない第三極の候補者」

http://www.okinawatimes.co.jp/article/20100716_8102/

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-165046-storytopic-116.html

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-20_9443/

を指すものと思われる。




《備考》

☆“2方面交渉”に批判 移設容認派と密会重ねる前原氏
(8月19日の琉球新報)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-166535-storytopic-9.html

関係者によると、前原氏は、出馬が確定的な仲井真知事や伊波洋一宜野湾市長とは別の第三極の動向に関心を示した。仲井真氏について前原大臣は「県民のために頑張っておられる」と賛辞を送り再選に期待感をにじませていたという。




☆北沢氏「仲井真さん当選して」 知事との会談で発言
(8月13日の沖縄タイムス)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-08-13_9211/

北沢俊美防衛相が6日に仲井真弘多知事と会談した際、知事選を話題に挙げ、「仲井真さんに当選してほしい」と発言していたことが12日、分かった。

(略)

仲井真知事は、県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)の要請で北沢氏と面談。儀武剛金武町長や野国昌春北谷町長、吉村清浦添副市長らも同席した。

北沢氏は要請を受けた後、8日投開票の地元の長野県知事選を引き合いに「沖縄も頑張らないといけない。引き続き頑張ってほしい」と声を掛けたという。

(略)

民主党本部の安住淳選対委員長は10日、玉城デニー、瑞慶覧長敏の両衆院議員との会談で「政治的スタンスが違う」として知事選出馬に意欲的な伊波洋一宜野湾市長との選挙協力は困難と伝えた。

日米密約裁かれない米兵犯罪

日米密約裁かれない米兵犯罪

価格:1,575円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
瑞慶覧チョービン議員は、下地幹郎一派とは政策的にもグループ的にも対立しているので、チョービンさんが「第三極の候補者」と組むことは選択として可能性低いかと思います。まあ、政治の世界は一寸先は闇とはいわれますが…
Posted by クイナ2号 at 2010年08月31日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック