2010年09月09日

〔代表選〕闇の声氏「小沢一郎は惜敗しても“二頭政治”に持ち込める」

561 名前:闇の声
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%C7%A4%CE%C0%BC
投稿日:2010/09/08(水) 13:30:13 ID:Dk773eqF [1/5]

昼を取りながら情勢分析をした・・・

思った以上に小沢の、地方分権案はインパクトがいろいろな面であったんだな・・・

つまり、あの通り本当に地方に任せてくれるのかという驚きと、同時にあの通りやる訳がないし
ああやって見せて実際の場面では掌を返して見せるのが小沢だと言う警戒警報が綯い交ぜだな。

一つには、渡辺喜美が参院選の前に見せた、あの勢いが無くなって守りに入ってる事もある。

政界再編がどうも遠退いてるから、ここは代表選だけに絞ろうって模様眺めムードだ。

小沢は惜敗して、菅直人が自分を無視出来ない状態に追い込めれば本望だし、その場合完全な二頭政治を実行して地方の事はすべて任せろとの形を取らせるだろう。

小沢が持っている○ジノ(注:カジノ)構想には国をタッチさせず、直接地方と海外を結びつける。

そして、直接地方に金を落とさせる・・・

その流れには一切官邸をタッチさせない・・・完全な院政状態をどう構築していくか、その為には誰を官邸に送り込んで睨みを利かせるか・・・その段階に来てると言えるだろうな。

早い話が、良い顔をしたい菅直人と菅直人の顔なんか見なくてもやりたい放題出来る小沢の思惑は結構一致するんだよ。

キーマンは亀井だな・・・亀井の狙いは渡辺喜美を取り込んで非自民の連立強化を図り
○ジノ利権を一人占めさせない事だ。





562 名前:闇の声[]
投稿日:2010/09/08(水) 13:40:10 ID:Dk773eqF [2/5]

亀井は、木村剛を匿ったのが誰かってのをえらい気にしている。
亀井の手で何とかしたかったからだ・・・

誰とは言わないが、中小企業のオヤジ連中に集りまくった政治家がいて
その有様を見て商売を思いついたのが竹中であり木村だ。

同じ事を考えていたのが誰かって事で、つまり邪魔なのさ・・・

ただ亀井もバカじゃないから、万が一の事を考えてあまり自民党を追い込まなかった。

情報の精度はあまり高くないが、亀井と自民党のある派閥は通じているとの話もある。

鳩山が余りに奇人過ぎて、亀井が保身の意味もあって自民党とのパイプは切らなかった・・・

まあ、恩を売ったんだな。

亀井が唯一対等に話が出来るのは小沢だけだと考えていて、その意味で言うと今週末までくらいに亀井と小沢の密約が成立するかどうかが大きな焦点だろう。

組織もそれを注視しているよ。





posted by はなゆー at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。