2010年09月09日

中国国家海洋局の調査船が尖閣諸島の方向に向かって航行中

☆中国漁船接触 中国の調査船、尖閣方向に航行 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100909-00000003-maip-soci

http://www.asyura2.com/09/china02/msg/473.html

中国の国家海洋局の海洋調査船が東シナ海を沖縄県・尖閣諸島方向に航行していることが8日、政府関係者の話で分かった。

(略)

尖閣諸島に接近した場合に備え、政府内で対応を検討している。政府高官は8日夜、「向こうからまた船が出てきている」と語った。



《不穏なおまけ》

☆レアアース輸出枠削減 中国商務省が見直し拒絶 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100908-00000574-san-soci

http://www.asyura2.com/09/china02/msg/474.html

席上、大橋光夫副団長(昭和電工相談役)は中国がレアアース(希土類)の輸出枠を大幅に削減したことに改めて強い懸念を表明し、改善を求めたが、陳次官は「中国政府の政策を変更することはできない」と拒絶した。

(略)

中国からのレアアースの輸出枠は7月から前年比で約4割削減され、8月末の「日中ハイレベル経済対話」でも見直しが議題になったが、中国側が拒否していた。




☆中国漁船衝突「中国ではネット上で日本製品のボイコット運動も」−米紙 (サーチナ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100909-00000025-scn-int

http://www.asyura2.com/09/china02/msg/475.html

同紙によると、近年中国はこの問題について、ネット上で過激な日本批判があふれないよう、検閲を繰り返してきたが、数々のウェブサイトなどで、日本製品のボイコットが呼びかけられていると伝えている。




☆昭和天皇の戦時の肉声、元侍従の日記見つかる
(2007年3月9日の朝日新聞)

http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/881.html

太平洋戦争開戦前夜から敗戦まで昭和天皇の侍従として仕えた故小倉庫次(くらじ)・元東京都立大学法経学部長の日記がこのほど見つかった。

(略)

文芸春秋によると、日記はノモンハン事件直前の39年(昭和14年)5月から、45年(同20年)8月の敗戦まで。

(略)

日中戦争についての天皇の思いも吐露されている。「支那が案外に強く、事変の見透しは皆があやまり、特に専門の陸軍すら観測を誤れり」(40年10月12日)、「日本は支那を見くびりたり、早く戦争を止めて、十年ばかり国力の充実を計るが尤(もっと)も賢明なるべき」(41年1月9日)。

(略)

「(戦争は)一旦始めれば、中々中途で押へられるものではない。満洲事変で苦い経験を嘗(な)めて居る。(略)戦争はどこで止めるかが大事なことだ」「支那事変はやり度くなかつた。それは、ソヴィエトがこわいからである」「戦争はやる迄(まで)は深重に、始めたら徹底してやらねばならぬ」




☆白村江の戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%9D%91%E6%B1%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

この際、倭国・百済連合軍がとった作戦は「我等先を争はば、敵自づから退くべし」という極めて杜撰なものであった(『日本書紀』)。

ラベル:小倉庫次
posted by はなゆー at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック