2010年09月20日

ニューヨークタイムズ「尖閣で戦争でも米軍が参戦する確率はゼロ」

「いくら日米安保条約があるからといっても、米国がそれを馬鹿正直に履行して、不毛の岩島=無人島である尖閣を死守したり奪回したりする可能性は、現実にはゼロである」



☆Look Out for the Diaoyu Islands
(9月10日のニューヨークタイムズ)

http://kristof.blogs.nytimes.com/2010/09/10/look-out-for-the-diaoyu-islands/

In reality, of course, there is zero chance that the U.S. will honor its treaty obligation over a few barren rocks. We’re not going to risk a nuclear confrontation with China over some islands that may well be China’s.



posted by はなゆー at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカが尖閣諸島や竹島、そして北方領土を守らないのなら日米安保条約は必要ないのでは! 海域や無人島そして本土を含めて日本国なので有り、アメリカが安全保障条約を行使しないので有れば日米安保条約は解除をして、自国のことは自国で守る!!世界でも日本ぐらいですよ、よそ様に守られているなんて。
Posted by Mr tashiro at 2010年09月30日 17:55
てゆーか、場所を尖閣諸島に限定すると、起き得る最悪の事態でも「小競り合い」と呼ぶんです、普通。
戦争とは余り言わないです。
規模の問題で。
Posted by 田仁 at 2010年10月01日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック