2010年09月21日

中国進出の「トヨタ自動車」全額出資の子会社に罰金ひとまず14万元

☆トヨタ、商業賄賂で中国で同社初の罰金 (人民日報)

http://j.people.com.cn/94476/7147417.html

伝えられるところによると、トヨタの金融部門にとっても、トヨタ自動車にとっても、商業賄賂で中国で行政処罰を受けたのはこれが初めて。自動車ローンを取り扱うのはトヨタ自動車の全額出資子会社だ。



http://j.people.com.cn/94476/7147418.html

法律執行部門は、『中華人民共和国反不正当競争禁止法』などの関連法律・法規に基づき、トヨタ自動車金融(中国)有限会社の行為は商業賄賂にあたるとして、同社が不法で獲得した利益を没収するほか、同社に14万元の罰金を科すことを決定した。

杭州市工商局のほか、寧波などの工商局もトヨタ自動車金融(中国)有限会社の同地域における商業賄賂について調査しているという。




《おまけ》

536 名前:闇の声
投稿日:2010/09/20(月) 09:37:08 ID:4tIeCo0Y [3/10]

問:中国の狙いとは何だろうか?

答:民主党政権が出来た時に、中国は歓迎姿勢だった。
もちろんそれは外国人参政権や過去の歴史認識に関しての中国寄りを評価した上での話だが、同時に日米関係は不変だろうと思ってもいた。

言い換えれば、今日の様な日米関係のよそよそしさは当初想定していなかっただろう。

同時に、独自の外交戦略等自分達では何も出来ないんだと判ったから、どんどん追いつめる為のカードを切ってきている。

昨日も北京でのイベント参加を「安全が確保できないから見送れ」と当局が言ったそうだがこれは裏返せば「イベント強硬参加をすれば何か仕掛けるぞ」と言う事だ。

中国の狙いとは、中国に進出している日系企業を全て中国企業にしてしまう事でありそれが嫌なら一定の中国人利権を日本国内で認めろだろうね。

外国人参政権も、日本の政治にもっと参加する権利を求めてくるだろう。

そこまでしても、よそよそしい日米関係だからアメリカは何もしないだろうとの予測を立てているからだと思う。

国連で環境問題だったか??菅直人が演説するって喜色満面だが、アメリカから会いましょうとは

積極的には言ってきてない・・・そう言うのを中国は見透かしてるから、やりたい放題をしてくるだろうね。
  



537 名前:闇の声
投稿日:2010/09/20(月) 09:52:22 ID:4tIeCo0Y [4/10]

問:この問題はどうなるだろうか?

答:中国人観光客が増えた事について、面白い話を聞いた。
日本が良い国で、以前から聞いていた様な感じではないし、清潔で親切だと・・・
それならみんなで行こうじゃないかとなり、政府が思う以上に親日家が増えた。

ところがこれが地区の共産党幹部が中央から叱責される事態になり、暴虐非道な日本人というイメージ教育を徹底しろとの指示が下ったらしいんだな・・・

遊びに行って嬉々として帰ってくる連中を見て、地区の軍や公安も不安を感じ始めた。

市民層の交流が広まって日本びいきが増えたらどうしようとね。

軍は突出したがっていて、日本相手に地域的戦闘も辞さないと考えている。

その突出を恐れた中国外務省が国務委員に相談し、官製のデモなど強硬姿勢を示して何とか国内を抑えつつ利権拡大を図ろうと言う事だろう。

この一年間、民主党がやってきた事は掛け声だけで、実効性に乏しいと判断され実効性のある何かを求められているのが現段階であり、仲裁人が現れない限り今のまま・・・ピリピリした状態が続くだろう。

次にあるとすれば、日中間の文化交流の一切禁止と、日本製の様々なコンテンツや映画の合作などを党が全面停止させて代わりに徹底した反日宣伝コンテンツを創らせるだろう。

歴史を抗日時代に戻そう・・・的な勢いになると思うね。

その次は日系企業から日本人を追い出せと労働争議の連発になってくると思う。

それでも「粛々と対応する」としか菅直人は言えないだろう。
頼るべき仲裁人がいないからだ。







posted by はなゆー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック