2010年09月22日

〔尖閣紛争〕中東有力紙もどちらかというと中国寄りの記事を掲載

☆Who’s afraid of China? (UAE紙「Khaleej Times」)

http://t.co/iRBEkyv

Yet China for most of its history has lived contentedly within its borders. The country is enormous and it has never ached for more. Tibet has long been considered, centuries before the Communists came to power, as part of the imperium. China has never attacked Japan, but Japan launched a very bloody war against China in 1937, just as it did in 1894 and 1932.


★元寇の時に日本に攻めてきたのはモンゴル軍。



posted by はなゆー at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック