2010年09月26日

ロシア国際放送「ロシア大統領が中国に到着した」

☆メドヴェージェフ大統領 中国を公式訪問 (ロシア国際放送)

http://japanese.ruvr.ru/2010/09/26/22359673.html

大統領は訪問を前に中国紙「人民日報」からのインタビューに応え、今回の訪問では貿易・経済関係の発展、及びエネルギー分野のプロジェクトに力を注ぐとの声明を表した。 

ロシアは、中国からのハイテクノロジー産業への投資に関心を持っていると述べ、輸送と機械工業分野の発展おける協力に大きな展望があるとの見解を表した。


メドヴェージェフ大統領 中国を公式訪問



26.09.2010, 11:16


 ロシアのメドヴェージェフ大統領は26日から3日間の日程で公式訪問する中国に到着した。

 大統領は訪問を前に中国紙「人民日報」からのインタビューに応え、今回の訪問では貿易・経済関係の発展、及びエネルギー分野のプロジェクトに力を注ぐとの声明を表した。 

 ロシアは、中国からのハイテクノロジー産業への投資に関心を持っていると述べ、輸送と機械工業分野の発展おける協力に大きな展望があるとの見解を表した。




posted by はなゆー at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> ロシアは、中国からのハイテクノロジー産業への投資に関心を持っていると述べ、輸送と機械工業分野の発展おける協力に大きな展望があるとの見解を表した。


メドベージェフって阿呆なんじゃないか?
中国は上海市場の暴落(人民元切上げ)と不動産バブルが弾ければ、内戦に突入しますがw
そうなれば、無政府状態でハイテク産業投資とか絶対に不可能。
まぁユダヤ人のメドベージェフなんか信用しませんが、中露分断は必要ですな。
とりあえず、メドベージェフは失脚しろ!
Posted by 奇兵隊 at 2010年09月26日 23:56
ロシアは冷徹に現実を見据えてる。
其の冷静さは、少なくとも日本右翼の比では無い。
何故ソコ迄、コスプレ三橋や靖国原理主義右翼の直伝を標榜?
石原朕太郎が数十年前からずっと「中国崩壊」を言ってる内容に同じ。
又、例の「下野なう」したCIAの飼い犬サンケイの見方でもある。
単に「内戦に突入して欲しい」願望が凝り固まった妄想に過ぎない。
中国は当分上り調子が続き、下落傾向が見られるとすれば今世紀後半から来世紀に掛けて。
又、中露分断なぞ机上の空論で「欧州情勢は複雑怪奇!」と叫んだ誰かの様に、自身の妄想に振り回されて現実に裏切られるだけ。
メドベージェフは失脚しないとは思うが、仮に財界に帰ったとしてもロシアの国策は変わらない。
Posted by 田仁 at 2010年09月27日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック