2010年09月27日

〔尖閣紛争〕防衛大臣政務官が「中国との戦争」を肯定する発言

長島昭久(民主党の衆議院議員。防衛大臣政務官)
8:47 AM Sep 25th

http://twitter.com/nagashima21/status/25449769687

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/209.html

日本外交の敗北・・・。これまで尖閣の実効支配の確立を怠り、長期的な視野に立った対中戦略の策定を蔑にし、時に一戦交えてでも主権と独立を守るという気概を自分を含め国民の間に涵養してこなかったツケにほかならない。この教訓を胸に刻み、まず疲弊した国力の回復に全力を挙げるべし。




☆長島昭久
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B3%B6%E6%98%AD%E4%B9%85

9月18日、鳩山由紀夫内閣の防衛大臣政務官に就任。2010年6月8日に発足した菅内閣においても防衛大臣政務官に再任された。

(略)

保守の立場から、一貫して共産・社民との野党共闘に反対。2006年の沖縄県知事選では、民主党も含む野党統一候補となった糸数慶子が米軍基地反対派であるため「共産党と変わらない」と批判し、党執行部に対抗して糸数候補を批判した。糸数が落選すると「野党共闘路線は破綻した」として、教育基本法全部改正案などの審議拒否を止め、「面舵いっぱい」に右転換するよう主張。



ラベル:長島昭久
posted by はなゆー at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず、前原と長島には「装備一式」と尖閣への片道チケットをプレゼントして、是非とも最前線で戦ってこいと、言ってやるべし。
Posted by a at 2010年09月27日 09:11
先の世界大戦で、好戦派の信用は地に墜ちて帰らない。
口先だけの阿呆!と。
又、日本が「悪の中国」に占領され滅亡する説も同じ。
余程の低知能でも、日本から侵略して悪事を働きます!と言えば人は逃げたから。
更に、米国公債その他の経済面を無視した新冷戦も間抜け。
経済音痴が過ぎる。
後、新冷戦で日本は駒と曰うのも歴史を知らない馬鹿の局地。
余りに対峙場と近い最前線は戦場になる宿命、位は押さえるべき。
Posted by 田仁 at 2010年09月27日 17:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック