2010年09月28日

尖閣紛争に関する社民党「公式談話」の内容に疑問の声も

2010年9月27日
尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件について(談話)

社会民主党党首 福島みずほ

http://www5.sdp.or.jp/comment/2010/dannwa100927.htm

(略)
尖閣諸島は、歴史的にみて明らかに日本の領土であり、沖縄県石垣市に属する島である。領海内で他国の漁船が操業することは、特段の取り決めがない限り断じて認められないことであり、海上保安庁が取り締まることは当然である。

(略)

中国政府は今回の措置に対し、25日に日本側に謝罪と賠償を求めたが、これは全く論拠がなく認められない主張である。社民党は、中国政府が冷静に判断し、謝罪と賠償の要求を取り下げることを求める。

(略)




《2ちゃんねるの反応》

537 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/09/28(火) 00:48:09 ID:VeH5SK4q

断固たる措置の行き着く先は示唆行動だから
社民の何でもかんでも話し合いで解決との整合性が取れなくなる

今更遅いがそもそもこの件に関してはだんまりを決め込むのが
一番頭の良い対応だった

みずほの検察の対応を支持するだのあれは明らかに余計な発言



posted by はなゆー at 05:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急いで灯台を造れば良いと思う
Posted by a at 2010年09月28日 09:54
一番良いのは何でもカンでも暴露姿勢に出て国連寄りの立場を貫く事なんじゃ…?
最近の国連は突っ走ってますよ。
どうも、日本メディアは相変わらずリークだのシナリオ通りに動いてるらしい。
ソレには乗るべきじゃないです。
いきなり拿捕方針に転じる経緯をキチンと整理するとか、例の衝突シーンVTRを(広く「微妙な判定」と評される2回目の衝突以前の1回目とか)暴露しちゃうとか、公明正大の立場を守るしか。
所詮何を如何した所で今更右翼は必ず社民を嫌いますから。
Posted by 田仁 at 2010年09月28日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。