2010年09月28日

日本の民間給与が過去最大の下落、中国労働者の賃金は上昇

民間企業勤務者の2009年の平均給与が405万9千円で下落額、率とも過去最大に。国税庁調査。
2010/09/28 16:22 【共同通信】




☆専門家 「中国は今後5年間、賃金増加が引き続き加速」
(人民日報)

http://j.people.com.cn/94476/7152407.html

▽出稼ぎ農民を代表とするローエンド労働力の賃金が上昇し、その増加スピードは都市部の労働者の賃金上昇幅を上回った

▽経済の回復に伴い、「出稼ぎ農民の大規模な帰省」に代わって「労働者不足」が顕在化し、労働力の供給はすでに「総量の過多」から、「構造的な過多」に変化した

▽各民営・外資系企業は大幅に賃金を上げ、各級政府は最低賃金基準を大幅に高めている

お金と引き寄せの法則

お金と引き寄せの法則

価格:1,785円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。