2010年09月29日

〔尖閣〕対中国強硬外交のツケを払わされるのは北海道の漁民

池田信夫(上武大学大学院経営管理研究科教授)
http://twitter.com/ikedanob/status/25566808189

私のブログ記事への某自民党議員のコメント「自民党政権なら即刻国外退去です。勾留などしません。それが日本の外交方針だからです。だからこそ、たとえばオホーツク海で日本漁船がロシア海軍に拿捕されるような場面があったとしても、早期解放を要求することができる」



《おまけ》

☆松岡洋右
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E6%B4%8B%E5%8F%B3

山田風太郎は自著『人間臨終図鑑』の中で、「松岡は相手の手を全然見ずに、己の手ばかりを見ている麻雀打ちであった。彼はヤクマンを志してヤクマンに振り込んだ」と寸評している。



posted by はなゆー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。