2010年09月30日

〔尖閣〕広報宣伝戦では「中国中央電視台」が「日本国際放送」に完勝

「CCTVに世界中が洗脳されている。日本も対策を練る時期」



☆尖閣諸島問題を伝える中国の国策的放送局CCTVの影響力
(日刊ゲンダイ9月27日掲載)

http://news.livedoor.com/article/detail/5038120/

http://www.asyura2.com/09/china02/msg/561.html


尖閣諸島問題は日本が不利になる一方だが、テレビの影響大。その急先鋒になっているのが中国国家テレビ局(CCTV中国中央電視台)

http://english.cntv.cn/01/index.shtml

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%9B%BB%E8%A6%96%E5%8F%B0

だ。

(略)

CCTVはBBC、CNNのように客観性は重視していない。中国政府の主張をストレートに伝える。「尖閣諸島は中国の領土」という情報が世界中にそのまま流れる。

(略)

日本にもNHKが中心になり、民放キー局が出資した国策的な日本国際放送があるが、機能していない。今回の問題では「CCTVに世界中が洗脳されている。日本も対策を練る時期」と語る識者もいるのだが。



★中国にはさらに「中国国際放送(北京放送)」
http://www.cri.cn/index1.htm
もあり、こちらの広報宣伝力も非常に強大である。




《備考》

☆日本国際放送
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%94%BE%E9%80%81

株式会社日本国際放送(にほんこくさいほう、英語:Japan International Broadcasting Inc.、略称:JIB)は外国人向けテレビ国際放送を行う日本放送協会(NHK)の子会社。

NHKの他に、テレビ朝日、TBS、日本テレビ、フジテレビの民放キー局、マイクロソフトも出資している。

インターネット放送もおこなっているが、日本国内からは視聴することはできない。








posted by はなゆー at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。