2010年10月21日

日刊ゲンダイ「喜納昌吉は民主党を離党して沖縄県知事選に出馬も」

株式会社 日刊現代
http://twitter.com/nikkan_gendai/status/28002923965

日刊ゲンダイ ・ 政治/
民主党悶絶 沖縄知事選に喜納昌吉が離党、出馬か


posted by はなゆー at 15:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「あの」産経新聞では、昌吉が「伊波洋一支持していいかと詰め寄った」と書かれている……

民主党、沖縄知事選で候補擁立見送りの結論は来週に
産経新聞 10月21日(木)19時12分配信
 民主党の岡田克也幹事長は21日、国会内で同党沖縄県連代表の喜納昌吉前参院議員と会談し、沖縄県知事選(11月28日投開票)について協議した。両者は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を同県名護市辺野古に移設する政府案への賛否で意見が対立し、候補者擁立見送りが固まった。

 岡田氏が政府方針の辺野古案への同調を促したのに対し、喜納氏は「県外・国外への基地移転が県民の総意だ」と拒否。喜納氏が「県連は(辺野古案反対の候補である)伊波洋一前宜野湾市長を支持していいか」と詰め寄るなど議論は紛糾し、来週改めて会談することになった。
Posted by クイナ2号 at 2010年10月22日 01:10
まあ「敵方」は「何とかして割れてくれ」と思って情報戦をも駆使していて、ソレに乗る人も多いって事です。
結局、衆議院でも民主党を過半数解消させたい、其の動きにウットリ乗せられつつも自身を「正義」と標榜して已まない、お調子者万歳!作戦であって、昔から公安系のお得意でしょ。
運動体の分裂に、日本人は本当に嵌り易い。
結局、何処かの誰かなら夢の様な素晴らしい事が出来る!と言う間断の無い夢幻が好きなんでしょうね…。
自己犠牲を含む、皆が皆に不断の努力が求められる、詰まらない現実では無くて、ね。
しかし何れにせよ、つまり誰が知事になろうとも、辺野古の基地拡張は無理でしょ!
米国自身の状況がソレを許さない。
Posted by 田仁 at 2010年10月22日 18:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。