2010年10月23日

〔ウィキリークス〕イラクでは組織的な拷問や強姦が数百件以上

☆ウィキリークス 強姦、殺害…イラク戦争の秘密文書公開
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101023-00000017-mai-int

http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/186.html

同紙の分析によると、イラク軍や警察当局により組織的に行われていた拷問や強姦(ごうかん)など数百件の事案について、米政府は情報を得ながらも放置していた。むち打ちや電気ショックなどによる拷問で、容疑者が死亡したことを報告する電報も6件見つかった。



☆Iraq war logs: secret files show how US ignored torture
(英紙「ガーディアン」)

http://www.guardian.co.uk/world/2010/oct/22/iraq-war-logs-military-leaks

The new logs detail how:

• US authorities failed to investigate hundreds of reports of abuse, torture, rape and even murder by Iraqi police and soldiers whose conduct appears to be systematic and normally unpunished.

• A US helicopter gunship involved in a notorious Baghdad incident had previously killed Iraqi insurgents after they tried to surrender.

• More than 15,000 civilians died in previously unknown incidents. US and UK officials have insisted that no official record of civilian casualties exists but the logs record 66,081 non-combatant deaths out of a total of 109,000 fatalities.

The numerous reports of detainee abuse, often supported by medical evidence, describe prisoners shackled, blindfolded and hung by wrists or ankles, and subjected to whipping, punching, kicking or electric shocks. Six reports end with a detainee's apparent death.




《おまけ》

☆イラク女性、レイプ証言 複数人権団体レポート
(2004年5月30日の「カウンターニュース」。なお記事中にはデッドリンクがある)

http://counternews.blogtribe.org/entry-742c01fb34d500302851d9429720ff8a.html

アブグレブに拘束されていた女性達がアメリカ人やイラク人らに強姦されていたとする複数レポートが登場した。これについてキミットはそのようなことは知らないし、確認もしていないとしている。

果たして男性だけに限って虐待が行われていたのだろうか。



以下の記事には次の証言が紹介されている。


*アメリカ兵士のいるところでイラク警察にレイプされた。それは1日で17回にも及ぶ。そして58時間意識を失った。
The International Occupation Watch Centre

*夫の目の前で米警備員(注:民間軍事会社の傭兵と思われる)にレイプ。夫の顔を見るように強要、服を脱がせレイプ。そして自殺。
Union of Detainees and Prisoners

*5月13日に釈放の女性はある部屋に捨て台詞を残しながらアメリカ人らが女性たちを連行していくのを見ていた。
Union of Detainees and Prisoners

*スンニ派宗教地域アル・アンバー出身の若い女性3名はアブグレイブを出たものの妊娠しており、家族に殺害された。
Union of Detainees and Prisoners、バクダッド大学教授


記事ではイラクではレイプは家族全体の名誉を汚すことになり、死んだ方がましだと考えられるということが指摘されている。虐待経験を証言することは誇り高いイラク人男性にとってさえ、決して気楽に行えることではないだろう。まして女性である。証言を行うことは男性以上の覚悟が必要となるということは想像に難くない。



☆SEXUALIZED VIOLENCE AGAINST IRAQI WOMEN
BY US OCCUPYING FORCES

http://bit.ly/d9mQpZ

Iman Khamas, head of the International Occupation Watch Center, a nongovernmental organization which gathers information on human rights abuses under coalition rule, has said; “one former detainee had recounted the alleged rape of her cell mate in Abu Ghraib.” According to Khamas, the prisoner said; “she had been rendered unconscious for 48 hours.” She claimed; “She had been raped 17 times in one day by Iraqi police in the presence of American solders”.

Another woman, "Nadia," reported that she was raped by US soldiers at Abu Ghraib prison. She continues to be "imprisoned" by painful memories that left her psychologically and physically scarred.

ラベル:イラク
posted by はなゆー at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック