2010年11月06日

〔尖閣ビデオ〕船乗り「2回目の衝突は日本巡視船に非がある」

68. 2010年11月06日 17:59:16: 9VdQKl2OOA

http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/731.html#c68

流出ビデオの内容について、小型船舶操縦士免状を所有している者として考えることを書いてみます。

第2回目の衝突(接触)の場面を見て疑問に思うことは「巡視船がなぜ回避行動を取らなかったのか?」ということです。

海上衝突予防法第15条(海上交通ルールは道路交通法とは異なり全世界共通です)では、「前方を船が横切る針路の場合は、相手を右舷側に見る船(相手の左舷側を見る船)が回避しなければならない」と定められていて、この場合は巡視船に回避義務があります。したがって、漁船が海難審判庁に訴えると、漁船に故意があったことを考慮しても巡視船が不利です。

なお、第1回目の衝突(接触)は、漁船が巡視船を右舷側に見ていますので、漁船に回避義務があります。


二つ目の疑問はこのことを新聞・テレビがなぜ報道しないのか?ということです。


以上二つの疑問に対して、できれば専門家の方々にご意見を伺いたく投稿しました。



posted by はなゆー at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。