2010年11月07日

「自衛隊アフガン派兵は対ロシア外交の失敗が引き金」との見方

☆自衛官アフガン派遣へ、米の要請で医官ら10人 (読売新聞)

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20101106-567-OYT1T00030.html

http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/337.html

今回の派遣は急ぐ必要があるため、法改正や新法制定は行わず、防衛省設置法で自衛官の任務と定める「教育訓練」として実施する方向だ。



☆アフガンに自衛官派遣検討=医・看護官、米の要請受け―政府
(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101106-00000055-jij-pol

http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/338.html

菅直人首相は、13日に横浜市で予定するオバマ米大統領との首脳会談でこうした方針を伝えたい考えだ。




☆アフガンに政府が防衛医官を派遣へ (TBS)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20101105-00000032-jnn-pol

http://www.asyura2.com/10/warb6/msg/339.html

政府は防衛省を中心に来週13日の日米首脳会談を念頭にアフガニスタンに自衛隊の医官を派遣しアフガニスタン軍での医官育成に協力する案を検討していることが明らかになりました。


         ↓


神浦元彰(軍事評論家)
http://twitter.com/kamiura_jp/status/695359898652672
政府がアフガンに自衛隊医官ら10人を、年内にアフガンに派遣する検討を始めた。10月末にアフガン戦争に参戦したロシア軍の背景で、メドベージェフ露大統領が国後島を訪問したことに対抗する。アフガンに自衛隊を差し出して、ロシアの動きを米政府に止めてもらう。外交の失敗を自衛隊に押しつける。




《備考》

森原秀樹(社民党)
http://twitter.com/HidekiMorihara/statuses/914503839514625
どさくさ紛れについに来た。アフガンへ自衛官派遣。法改正も国会手続も不要と医・看護官を派遣するのは、自衛隊派兵への下地。 医療支援なら米国でなく現地政府や国連の要請にもとづくべき。「オバマ大統領に手土産を」という対米追従姿勢もくっきり。

陸奥宗光とその時代新装版

陸奥宗光とその時代新装版

価格:1,575円(税込、送料別)



posted by はなゆー at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。