2010年11月11日

国家機密「尖閣ビデオ」の保管体制があまりにもズサンだったことが判明

☆海保、情報共有で閲覧が慣例化 衝突映像流出事件 (共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111101000010.html

http://www.asyura2.com/09/news8/msg/395.html

海保関係者によると、各地の海保で撮影した映像や画像は、ほかの地域の海保職員らと情報を共有するため、海保ネット内からアクセスし、コピーなどで入手できるようパソコンの「共有フォルダー」に保存。パスワードなどを入力すれば閲覧できたという。


           ↓


303 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/11/11(木) 11:09:47 ID:AUCNAmkV
なんだよパスワードがあればどの海保からでも見れたんじゃん!



312 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/11/11(木) 11:25:42 ID:5mMDcaFW [1/6]

おまえら、いい加減に理解しろって
その組織で秘密扱いだけでは、裁判で勝てねーんだよ。

しかも、今回のは最初公開するつもりで動画つくってんだ。
研修用としてなw

元々は秘密でもなんでもなかったのを、後から秘密扱いにしただけ。




313 名前:無党派さん[]
投稿日:2010/11/11(木) 11:28:43 ID:lkbTJlvi [5/9]
海保職員なら誰でも引き出せる情報を、ひと月以上も後に国家機密にしたほうがバカだろ
どれだけ中国に弱腰なんだよ

ゾルゲ・東京を狙え(上)新装版

ゾルゲ・東京を狙え(上)新装版

価格:1,890円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 13:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チイチイパッパのネトウヨや知能が残念な真性右翼が、何を強弁しても無駄でしょう。
余りに実社会を知らなさ過ぎます。
会社や公的機関に全く関わりが無いか、有っても基本「お客様」な現実を自虐的に吐露しちゃって。
歴史は繰り返す、一度目は悲劇として、二度目は笑劇として。
尖閣事変も陸山疑獄も、満州事変と帝人疑獄の二番煎じです。
しかも、駄目押しで同期させた公安外事三課の犯罪性を忘れ去ってます。
世間と世界を舐め過ぎる程、春風駘蕩の別世界でヌルマ湯に浸かり過ぎです。
現実はモット厳しいです。
Posted by 田仁 at 2010年11月11日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック