2010年11月12日

〔沖縄県知事選〕民主党は「暗黙のうちに」仲井真候補を支援

「日米で合意したものをほごにすることは国益からもなかなかできることではない。できれば今後も政府と真剣に議論、相談をし合える体制が沖縄にできればありがたい」



☆沖縄との協議に期待=北沢防衛相(時事通信)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010111100266

http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/335.html

北沢俊美防衛相は11日午前の衆院安全保障委員会で、沖縄県知事選が告示されたことについて「日米で合意したものをほごにすることは国益からもなかなかできることではない。できれば今後も政府と真剣に議論、相談をし合える体制が沖縄にできればありがたい」と述べ、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設の政府方針実現に向け、新知事との協議が進展することに期待を示した。



☆沖縄知事選 民主、「暗黙の現職支援」 辺野古移設に望み
(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000121-mai-pol

http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/332.html

党本部は候補擁立断念を「忸怩(じくじ)たる思い」(渡辺周選対委員長)としているが、過去に条件付きで辺野古を容認した現職の仲井真弘多氏への「暗黙の支援」というのが現実だ。北沢俊美防衛相も衆院安全保障委員会で「政府と真剣に議論する沖縄にできればありがたい」と語った。




《おまけ》

本田ゆみ(社民党。フェロモンボンバーズ)
11:15 AM Jan 1st
http://twitter.com/honda_yumi/status/7255624009
民衆の犠牲の上に立つ同盟なし。


きっこ(ジャコビニ流星打法)
http://twitter.com/kikko_no_blog/status/15751071877
国民より優先する国益など無し。




http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/903.html#c42

42. 2010年11月08日 21:56:09: 92dlJZzCAk

民主党本部に下記のメールを送りました。

昨年の総選挙で民主党が掲げた『マニフェスト』に忠実な、川内議員の行動を断固支持します。『マニフェスト』にははっきりと、「日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む。」とあります。鳩山前首相も「少なくとも県外」と断言されました。

『マニフェスト』は国民との約束です。いまの民主党はこの『マニフェスト』からどんどん離れていっているように感じます。政権を執ってから掌を返す遣り方は、アンフェアではありませんか。

忘れているようなのでもう一度『マニフェスト』の骨子を書きます。
『国民の生活が第一』 民主党の5つの約束
(中略)

各論においては、
6.企業団体献金・世襲を禁止する
27.霞が関を解体・再編し、地域主権を確立する
49.取り調べの可視化で冤罪を防止する

○日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む。

○中国、韓国をはじめ、アジア諸国との信頼関係の構築に全力を挙げる。
とあります。


本当にこれやっていますか?
「嘘つき空き缶」「女の腐った38センゴク」っていわれちゃいますよ!




posted by はなゆー at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。