2010年11月13日

保坂展人氏が「社民党離党」を示唆とも解釈できる発言

保坂展人
http://twitter.com/hosakanobuto/statuses/3122594643443712
身体の症状を発見する超音波検査のように、社会の病巣を照らしだすサーチライトの役割をしてみたい。どうする、こうするとの処方箋の前に診断が必要だ。


保坂展人
http://twitter.com/hosakanobuto/status/3125339257577472
たくさんの返信とリツイートありがとう。お調子者でもニヒリストでもなく、リアリストでありながらロマンも忘れない。人の為を考えているが、自分を捨てる不自然さには正直になり、迷いながら最後に決断する。人間は矛盾を抱えていて当然だなどと、とりとめなく思う。




《備考》

☆社民・阿部氏が「『新党希望』つくりたい」
(神奈川新聞。10月22日)

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1010220057/

http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/116.html

社民党の阿部知子政審会長(衆院比例南関東)は21日夜、都内で議員活動10周年記念パーティーを開いた。阿部氏は「命を守るため、この暗夜行路のような時代をいい時代に変える」とあらためて決意を語った。また「『新党希望』をつくろうかと思ってる。まだ自分1人だけど」と「結党宣言」も飛び出した。




01. 2010年10月23日 20:22:29: co8v739Imc
わかりやすい。

[以下引用] 予想どおり、辻元清美が離党して社民党の解体が始まった。 [中略] 当然、辻元清美と阿部知子は一体で行動している。社民党右派は落選中の者も含めて何人かいる。右派側の目的は福島瑞穂の追い落としと政権復帰で、社民党の路線を右寄りに転換し、基本政策を民主党とコンパチブルに定置することである。[以上引用]
「辻元清美の離党 - 社民党右派の策動と裏切りを正当化する言説」(世に倦む日日 # 2010年7月28日)
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-349.html




03. 2010年10月23日 23:25:00: WgMrKZum9g
阿部さんついにパンドラの箱を開けてしまったか・。・


04. 2010年10月24日 00:39:15: jfFAZGb6iI
なんとなく残念なニュースです。


05. 2010年10月24日 05:42:13: UBhkzzIgDc
あべ氏は先に離れた辻元氏とともに、最終的には前原一派と合体するんじゃなかろうか。もしそうなら、普天間は県内移設で妥協する方針を、すでに密かに確認しているにちがいない。
福島氏は、その点では、ぶれまい。沖縄の社会大衆党入りする可能性すらある。

しかし、福島氏とて多少ましなだけ。小沢氏の件では自公共みん同様、
衆愚におもねるような言動しかとっていない。
社民なんか、もう不要だね。



06. 2010年10月24日 20:53:24: 0hdRHbvQ6o
阿部知子氏の選挙区では民主(中塚一宏)と自民(桜井郁三)が議席を争っているので、比例での復活当選しか道がない現状。福島党首のやり方は気に食わないが、さりとて社民を乗っ取るのも難しそう。新党しか無いわけです。


posted by はなゆー at 05:15| Comment(4) | TrackBack(0) | ムンクの叫び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
肝心な事は、社民党が生き残るか否かではなく、この国が平和憲法を維持して社会民主的な国造り、反戦平和を国是として、強く進んでいくのどうか、だと思う。しかし、社民党の存続が危機的なのは社民党じたいに問題があるのではなく、アメリカを始めとする邪まな勢力の企てによるものが大きい、という事を、改めて言いたい。
Posted by a at 2010年11月13日 09:25
よくわかりません。が、介護員は素人だからさ、
社民党支持者は、何してるのやら、新党結成しょうが、国民から後押し無いかぎり無理では?介護員は今度誰に投票したらよいか分かりません。革命だ!とか言ってみる?
ペンロベスピエール
Posted by 介護員 at 2010年11月13日 11:18
企てだかなんだか分からないよ。と
とにかく、一般市民「介護員」も、含むアジャパーなんだから、
Posted by 介護員 at 2010年11月13日 13:16
邪悪な既得権益に殺られ易い体質ってのは、素直に相手の意を忖度してソレに従う「お育ちの良さ」。
実は反共の貧乏人を自称する「死ぬのは奴らだ」ブログにすらソノ傾向が顕著。
ある一定の集団内で「こうして居れば安全であろう」と言う安住の気持ち、ね。
共産党にも社民党にも「死ぬのは奴らだ」にも共通してる。
「斯く在るべし!」と理想を掲げ大局観を視る部分がトテモ少ない。
Posted by 田仁 at 2010年11月14日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック